思えば、32年間勤めた消防は、人前でしゃべる機会が多い仕事でした。

保育園、学校、会社、公民館、いろんな場所に行って、避難訓練のあとにその感想を言ったり、消火器の使い方の説明をしたり、防火講話をしたりと、しょっちゅう人前に出ます。

火災の避難訓練だけではなく、起震車で地震の体験をしてもらう時は、地震の話をします。

そして、救急講習、近年は普通救命講習が主流ですが、こちらも回数は多いです。

先輩は、めっちゃしゃべり下手な人が多かったですね。

ある男子高校の訓練指導で、黒い学生服が体育館いっぱいに並んで座っている前で、延々と火災件数、発生時間帯別ランキングなど数字を羅列するだけ、という先輩がいました。

その間、生徒の私語のボリュームは上がり放題になり、ついには体育の先生あたりがふざけている生徒の頭を叩いては叱っていました。

ただでさえ生意気盛りで人の話を聞かない年頃なのに、そりゃ私語もするだろ、と同情していました。

意外に多いのが、アガリまくって、話す対象者の年齢をいっさい考慮に入れていないというケース。

保育園の子供達が相手だと、私などは、

「みなさーん、こんにちはー! あーびっくりしたぁ、元気がいいですねぇ。今日はねぇ、おじさんたちは、みんなと仲良しなりたくてやって来ました。みんな、おじさん達とお友達になってくれるかなぁ?」

なんて調子でやるんですが、先輩達になるとそんな子供目線のくだけ方などしません。

「えー、みなさんもご存じのことと思いますが、近年放火の件数が増加の一途をたどり」

相手は4歳や5歳の子供なのに、大人でさえ退屈になる話を繰り広げるわけです。

子供達は自分が話しかけられているとは思えないからだんだん騒ぎだすので、やっぱり先生に、

「大介君、だめでしょ!」

なんて叱られることになるんですね。

罪作りな訓練指導者です。

そういう先輩なので、同行した若い職員にいきなりパスをかましたりするんです。

kyuukyu

私もよくやられました。

「石川君、今日は君が話してみろ。いつがはじめということはない。何事も経験だ」的な言葉を放り込んでくるんです。

いきなり某有名会社の地元工場で、全社員800名ほどが整列している前に出されるのです。

司会役のエライさんの話は、もう檄を飛ばす感じで、堅苦しいことを言うわけです。

社員は全員「シーン」という感じです。

おいおいこの空気の中で何をしゃべれって言うんだよ! って感じです。
そんなことを何度か経験しているうちに、オーディエンスに聞いてもらえないようではいかんじゃないかと、まぁそこんところにこだわるようになったわけです。

どんな話がウケるかとか、研究しました。

ギャグをかましてもシラーっとしている場合は、もう実体験のエグイ火災現場の話などをすると、全員が集中して聞いてくれます。

なにせ対象が保育園から老人福祉施設ですから、同じネタ、同じ語り口調では聞いてもらえないんです。

その頃アガリ症だった私は、自分に言い聞かせていた鉄則がありました。

「緊張した時こそ大きな声を出す!」