焼死体

消防局在籍中、火災原因調査も担当していた時期が長くありました。

ちょっとエゲツナイ話もありますので、苦手な方はスルーして下さいm(__)m

焼死者がいた場合、警察さんと一緒に写真を撮影したり、倒れていた位置を計測して図面にしていました。

焼死体も、焼けた状況はまちまちで、かなり炭化が進んでいても、床面に接していた背面は炭化を免れている場合がほとんどでした。

焼損状況によっては骨が露出していたり、筋肉が露出したり、腹部では腸が出ていたりします。

それ以上の検視は、警察さんがやり、その後は医師の「検死」があります。

その検死にも立ち会ったことがありました。

血液を採取して、その中のヘモグロビンの量を調べて、一酸化中毒かそうではないのかを調べるわけです。

その採血する注射器が、炭化した体に容易に刺せなくて、医師が逆手に持って、ガシッと差し込んで採取、という感じでした。

あとは、気道に煤が付着しているかどうかを調べます。

煤が付着していれば、火災時に呼吸をしていたということになり、「生活反応」があったと判断されます。

付着していなければ、火災時にはすでに呼吸をしていなくて「生活反応」なし。

急病か、あるいは殺人という可能性も出てくるわけです。

そこには消防職員はまったく関与しないわけですが、興味津々でも残念ながら詳細情報はもらえません。

焼死体というのは、何も建物火災だけではなく、他でもあります。

戸外での焼身自殺があったり、ゴミの焼却中に衣類に火がついたり。

交通事故による焼死体も何度か見ました。

単独事故の時もあれば、反対車線の大型ダンプに突っ込み、車体の下にメリ込むように潰れて入り込み、そして炎上という状況もありました。

やはり交通安全を祈念してやみません。

そして、「建物火災には『住宅用火災警報器』を」と、かつて各地区の公民館をまわって説明会をしていた頃を思い出します。

もうひとつ大切なのは、整理収納も大事かなと思いました。

避難時の障害物の有無で生死が分かれることもあります。

勝手口まだもうあとわずかという場所で亡くなっていたケースも見ました。

サブコンテンツ

ページトップへ