なんで急に涙が流れてくるんだろう?

ふいに、わけもわからず涙を流している自分。

正体不明の悲しみが、なぜか胸の中に生まれている。

o0400026713449389829

以前にも書きましたが、あまりにも悲惨な現場を見た救急隊員、救助隊員が、事故から時間経過して、すっかりショックから脱したと思い、忘れかけていたときに突然おそってくることがあります。

眠れない、イライラするという時期を経て、すっかり記憶が薄らいだはずなのに、突然鮮明な映像となって目の前に現れることもあります。

人間の記憶とはすごいもので、私も20年以上前に出動した救急現場の様子が、けが人の姿が、鮮明に蘇ることがあります。

あまりにも悲惨な損傷を受けた方を搬送するとき、息苦しくなることもありました。

非番の日に、どうしても目に焼き付いたその光景が消えずに、重苦しい気持ちで過ごしました。

そんなとき、無邪気にまつわりついてくる息子たちと一緒に遊んだり、妻と晩酌をしながらいろんなことを話したり

そんな時間を重ねたおかげで、重苦しさから脱することができました。

それでもふいに襲ってくる悲しみや、前触れもなく蘇る光景は完全に消えません。

子どもたちを抱いて、そのぬくもりを感じていられることの幸せをじっくりと感じました。

今では成人して、大人になった彼らを抱くわけにもいきませんが(笑)

普段ずっと一緒で、とりたてて考えたことのなかった家族のありがたさを感じました。