全国安全週間に鳥取市で安全大会講演

全国安全週間の7月7日に、鳥取市のやまこう建設さんの安全大会があり、講演をさせていただきました。

かねてより労働安全衛生への取り組みに力を入れておられる会社で、300人近い方が参加されていましたが、みなぎっていた空気感に高い意識が表れていました。

私は、いつものように歌入りで話を進めました。

今までと違ったのは、消防での安全管理の体験談を交えたり、労災事故現場での生の体験をお伝えさせていただきました。

「安全」の対極にある「危険」の潜みかたは、実に隠微で巧妙であったりします。

健やかな心が打ちひしがれていたり、常時心配事が心を占めていたりすると、「危険」が忍び込んで来るスキを与えることになります。

日常の「イライラ」「不安」「怒り」などをコントロールする必要があります。

単なるコミュニケーションスキルだけでは、襲って来る負の出来事をかわすことはできないことが多いことを、何度も出動した労災事故現場で、関係者の生の声を聞いて知ります。

限られた時間ではありましたが、ストレスコントロールの重要性を中心にお話させていただきました。

心の病気にかかり率が一番高い働き盛りの社員さん、関係企業の方々にお話するのは、ほんとうにやり甲斐を感じます。

事故ゼロが永遠に続くことを祈念します。

サブコンテンツ

ページトップへ