建設会社さんの安全大会でお話をさせていただく機会が、年々増えてきました。

やわらかい話も、かたい話も織り交ぜてお話をさせていただいていますが、6月16日の馬野建設株式会社様の安全大会では、

「心配ごとをなくすことで安全を」

というお話もさせていただきました。


   ↑ 会場の倉吉未来中心です

今回の講演では、特に「交通安全」をテーマに、というご要望でしたので、交通事故のお話をさせていただきました。

私の講演の場合、事故事例をお話しても単なる事故の概要ではなく、負傷者の状態や、事故に至るきっかけについてもお話しました。

といいますのは、
交通事故の事故原因は、たとえば「一時不停止」とか「安全不確認」など行為としての原因が主にあげられますが、さらにその行為の原因は? というところは詳らかにはなりません。

救急隊員は、事故現場の詳細な調査をするわけではなく、負傷者の応急処置と搬送が仕事なのですが、病院に到着するまでずっと負傷者と一緒にいることになります。

道中、負傷した方がいろいろと話されることがあります。

「実は、心配事があって、気持ちがそっちにいってたんです」

「家を出る前に、家内と言い合いになって、カッとしたまま車を出したせいであんな事故になったんですわ」

というようなことを耳にすると、統計上の事故原因にはあがってこない、「心の原因」というものも、かなり多くあるようだと感じました。

ストレスが蓄積していたせいで、追い越されただけでカッとなったり、
心配事があったために、注意力が散漫になったり、
いろんなケースがありました。

普段からのストレス解消や、家庭や職場でのコミュニケーションを円滑にすることで、回避できた事故もたくさんあったはずです。

日頃から心配事やイライラをなくすために、ストレス解消法について今一度考え直してみることや、
会話によって意志の疎通をはかることが、結果として交通安全への効果的な取り組みになります。

悲惨な交通事故現場のエピソードをお話させていただくことで、少しでもリアルに感じていただけたら、とこの日も汗だくで話し、歌いました。


   ↑ 控室でのツーショットです

終了後、代表取締役社長の馬野様から、
「心に響きました」
というお言葉をいただきました。