先週の日曜日、「第3回とっとりどまんなかフェスタ」、無事終了しました。
えらい報告が遅くなりまして、たいへん申し訳ありません。

3回目にして終始晴天という、初めて雨のないイベントとなりました。

前日の準備も、今回はイス・テーブルなどすべて会場にあるものを少し移動するだけでOKという、前回とは天と地の違い。

なんと同日に大々的な駅伝大会あり、そのコース上に位置するので、周囲はけっこう渋滞したようです。

zakka

ホールでは「雑貨のココロ。」コーナーもかなり賑わっていました。
男子はなかなか足を運ばない世界なのですが、この日はじっくり眺めました。
そしてステージも、毎年恒例の鳥取県立保育専門学院のパフォーマンスでスタートし、打吹童子ばやしの素晴らしいバチさばき、リズムの妙と迫力を満喫。

utsubuki

フラーチーム「リマナニ・アロハフラ鳥取・倉吉」の華麗なステージもありました。

今回は、米子市から登場の「クラツオ」、「ももうめ」、そして沖縄ソングがレパートリーの「てーげ なんくるないさーず」 が盛り上げてくれて、

nancru

松江市からは「山陰効歌団」の登場。
若さみなぎるイケメンと美形女子のさわやかバンドサウンドに酔いしれました。

kouka

鳥取市から登場の、2つのヘビメタバンドのリーダーが結成したデュオ「ブルータル・メモリーズ」の熱唱。

東京からかけつけてくれた竹内克文さん、徳丸浩二君。
感謝感激です!!

tokumaru

実行委員としても頑張らねばと、
ステージ担当部長率いるビートルズカバーバンド「The neatles」。
大阪からメンバーが駆けつけてのハードスケジュール。
ありがとうございました。

彼らはこの後、外の出店スペースで飲食しつつ数時間に渡り演奏。
周囲はたくさんの人が歌に合わせて踊っていて、いい感じの祭風景でした。

私もやっぱり今回も歌いました。

ほかにも地元中部からは、
今回は最初からずっと実行委員会にも出てくれて、実質的にはかれらがいてこそのステージだった「絵下谷」の超ハードロックが炸裂!

CDセールス好調の、実に仲のいい兄弟デュオの「届けビト」。

去年から打診していた吉田拓郎のベテランコピーバンドの「コーメイバンド」。

そしてラストは東京のメンバーも鳥取中部に引っ越させて、県外から韓国でもライブをやったという「LILY JALAN」のパワフルな演奏。

lilys

そして、夕方から佐々木えるざさんの登場。
本当に気さくで、子供好きな方で会場入りする前に駐車場で人に囲まれ、写真撮影、握手に応えておられました。

とにかく、綺麗、細い、背が高く、腰の位置が高~い!!

eruza02

司会の べるをさんの質問に実に誠実な受け答えをされていました。
絶対に世界チャンピオンになってもらいたいです!!

eruza

もう駐車場から降りた段階で人だかりが、握手と写真撮影の嵐でした。
トーゼン、私もツーショット写真も撮っております 。

washi2

ホールでは「脳トレゲームを作ろう」コーナーも盛り上がり、

「コンテンポラリーアート展」も鮮烈な才能が炸裂した作品を展示していました。

外の出店スペースでは、ステージを終えた「なんくるないさーず」が飲食しつつの演奏が始まり、来場者や出店者が入り乱れて踊ったり、合唱したりしていました。

doma03kai

晴天の秋の昼下がり、すごく「祭」な雰囲気で、とても気持ちがなごみました。

本当に来場していただいた方々、出演者、出店者、出展者の方々、スタッフの方々に感謝の1日でした。

連日の準備、準備の連続でしたが、なんとも気持ちのよい疲労感に満たされました。

片付けて9時半に軽い慰労会をやりましたが、生ビール3杯で睡魔に襲われ、帰宅して爆睡しました。

出演者の方から、逆にお礼メールやら電話をいただき、恐縮至極です。

司会をしていただいた べるをさんからも、
「来年、ぜひまたやりましょうや!」
とのお言葉をいただきました。

ほぼ一週間経過したわけですが、まだまだ後処理というか、いろいろ残っております。

今後どうなるのか、どうするのか・・・第4回目はまったく計画のない状態です。
できれば若い実行委員長を誕生させたいと、わたくしは密かに思っております。