昨日は地元アロハホールで歌いました。

中国電力ユニオン60周年記念講演で、西川のりお師匠とご一緒しました。

と言っても、からみはなく、私の歌としゃべり約50分ばかりの後に、師匠の講演1時間、という構成でした。

楽屋入口に「吉本興業 西川のりお様」と張り紙があり、その隣室に「ハワイ笑歌村塾 石川達之様」と並んでいるのは、ちょっとカンドーでした。

norio

お客さんは家族連れが多く、県内東・中・西から集まって来られていて、なかなか反応もよく、終了後の休憩では携帯での撮影を頼まれたりしてよいムードでありました。

最初に主催者代表の方に連れられて挨拶に行ったんですが、握手して、なんか気の利いたことのひとつでも言ってみようかと思いつつも、何も浮かばず、向こうも私もあいまいな薄笑いのまま部屋を後にしました。

有名芸人さんの前に(吉本の新人漫才コンビの前にやったことはあります)やったのは初めてで、妙な緊張がありました。