人権講演会「思いやりと想像力」

10月3日は、米子市にある伯仙小学校の体育館で、前田隣保館・福万隣保館、中央隣保館合同の人権講演会が開催されました。

夜の7時にスタートして1時間半という、みなさんお忙しくて出にくい時間帯なのに、大勢の方に参加していただきました。

初めてお邪魔する土地でもありますので、大半は私の存在自体をご存じない方のようで、最初は少しかたいムードでしたが、すぐに笑顔が広がりました。

次々に笑いも起こり、「思い出」ではハンカチで涙を拭いておられるかたもあちこちにいらっしゃいました。

演題は「思いやりと想像力」で、いつものようにいろんな話題に寄り道しながら、テーマに向かって行きました。

今回、初めて「梨のうた」で手拍子が入りました。

00002

そして、講演会では珍しいことにアンコールの手拍子が続きました。

真剣にじっくりと聞いていただいたあかしでもあるので、ありがたいことです。

アンコールもあって、予定時間より長めな講演会となりましたが、家のこともおありだと思うのに、途中でお帰りになられる方もほぼいらっしゃいませんでした。

米子市内の各家庭に回覧でも回ったという話も聞きました。

準備に片づけと、関係者のみなさんには本当にお世話になりました。

ありがとうございました。

サブコンテンツ

ページトップへ