「笑い」で救われた日々

思えば、私が32年間勤めた消防というところは、ストレスの多い職場でした。

まぁ、考えてみれば、火災・救急・救助・災害現場に行くのが仕事ですから、ストレスはあって当然です。

基本マイナスな状況にしか行かないわけですから。

まかり間違っても、
「おー、消防さん、よく来て下さった。まぁまぁお上がり下さい。さぁさぁ、座布団をあてて下さい。今お茶をいれますから。いやぁ、なにね、つい一時間前に呼吸が止まりましてね」

なんて状況には絶対にならないわけです。

いくら迅速に現場到着したところで、要請者にとっては長い長い時間なんです。

「早く! 早く! こっち、こっち。何とか助けて下さい!」

という感じです。

署から遠方の場合は、

「何やってたんだ! もっと早く来いよ! もしものことがあったらお前らのせいだからな!」

なんてことも往々にしてありました。

いくら速やかに到着しても、です。

まぁ、そんなものはまだストレスのうちに入らないくらいです。

救助現場で、事故車両に閉じ込められた人を、エンジンカッターや油圧拡張機を使って救出作業中に、

「おーいこらぁ、税金泥棒が! 早く助けろ!」

なんてヤジが飛び交ったりすることもよくありました。
そんな職場だからメンタルをやられないように、「笑い」が必要ではないか、と考えていたのです。

まぁ、おそらく私のことですから、どんな職場にいようと、日常生活の中に「笑い」を作っていかないと気が済まないだろうとは思いますが。
上司や同僚のモノマネをやりました。

口調、動作など、特徴を捉えようと観察しました。

私が開発したモノマネが職員の間でスタンダードになり、やがて多くの同僚が私のモノマネのマネをするようになって、一人歩きをはじめた、というパターンもいくつかあります。

休憩時間や食事中に、ジョークを言い合っていましたが、ふっと気が抜ける時間でした。

笑っている瞬間が楽しくて、けっこう気持ちがブルーになりがちだった時期も、それで切り抜けることができたのかもしれません。

サブコンテンツ

ページトップへ