こころの健康づくり講演会

12月11日は、湯梨浜町主催の「心を元気にする ~こころの健康づくり講演会~」でした。

平日の午後にもかかわらずたくさんの町民の方々がいらっしゃいました。

yurihamakouen

湯梨浜町の在住者で、かつては福祉にかかわっていらっしゃったみなさんで構成されている介護劇団「ふきのとう」さんの劇でスタートでした。

大道具もたくさん用意されて準備と片付けが大変そうでしたが、会場は大きく沸いていました。

私の講演では、いつもより多めに「ストレス」について話し、日常生活でショックな出来事に出遭った時にと思い、惨事ストレスの対応をお話しました。

自然災害ばかりが惨事ではなく、肉親との突然の別れも、当事者にとっては「大惨事」だと思うからなのです。

東日本大震災の数年後にたくさんの消防職員、警察官、自衛官が退職したそうです。

大惨事を目の当たりにし、自分が頑張らねばと、動揺したりショックを受けたりした自分の心を、さらに自らが厳しく律していったために、心が壊れる人が多かったそうです。

DSC02315

ストレス抵抗力も、人それぞれ違うのですが、どんなに精神的に強い人だって、出来事の大小によって心の傷の深さは違ってくるはずです。

誰もがうつになり得るのだ、ということを忘れずにこまめに自分の心を、家族の心をケアすることが大切なんですね。

いつもとはまた違う歌も歌い、自死予防キャンペーンソング「やさしい眠りをあなたに」も歌いました。

こういう機会を与えていただくことは、ほんとにありがたいと思いつつ、終了後も参加者の方とお話していました。

サブコンテンツ

ページトップへ