笑うことが、心の健康にいいのであれば、心の底から大笑いしていただくことでより健康になるのではないか、と思いながら歌いました。

6月30日(金)は、琴浦町カウベルホールで「高齢者のつどい」がありました。

ステージに立って客席を見ると、300人くらいの方が満面の笑顔で私を見つめていらっしゃいました。

プロジェクターに次々と映しながら、「笑い」の大切さについてお話しました。

この日は、地元の鳥取県中部ということもあり、ステージに登場した段階で、場内からウェルカムなムードが伝わってきました。

この講演は、以前私の講演を聞いたことのある方数名の方から、

「石川さんの講演をぜひやってもらいたい」

という強い要望があったために実現したそうです。

本当にありがたいことです。

最初はちょっと難しそうな表情だった男性も含めて、歌はもちろん、ちょっとしたジョークに大爆笑してくださいました。

私のあとに、町内の方のアトラクションがあるのですが、私は翌日の講演の準備のために、終わるとすぐに米子市まで直行しました。

ギターを担いで車に向かう途中にも、休憩でホールの外に出て来られた皆さんから口々に、

「よかった、ほんとによかった」

「笑い転げました」

「いい話で、涙が流れましたl」

など、次々に声をかけていただきました。

私の方こそ、皆さんの強力なパワーをたくさんいただきました。

ありがとうございました。