箕面青年会議所例会で講演会

大阪は箕面で講演会をやらせていただきました。

箕面青年会議所さんの4月例会で「感謝」というテーマでお話をさせていただきました。

初めての歌無し講演ということで、かなりな緊張モードで臨みました。

今までに経験がないほどの緊張感がみなぎり呼吸困難になるほどでしたが、みなさん真剣に聞いて下さり、しだいに緊張もほぐれていきました。

私の消防士時代の画像などもプロジェクターで映しながら、私が体験したたくさんの現場の中から、記憶に強く残っている救急・火災現場の話をさせていただきました。

私自身が忙しいとき、気持ちに余裕がないときなどにいつの間にか、自分にとってとても大切な人に対しての感謝を忘れることがあります。

そんな時には、今まで体験した、凄惨な現場、悲しい別れの瞬間などを思い起こし、気持ちを切りかえるようにしました。

10249

子育てに関しても、

子供達が騒いでうるさい時、怒鳴りそうになる瞬間に、事故車両の中で眠るように目を閉じて呼吸もしなくなった子供さんの顔を思い出しました。

何事もない平凡なこの瞬間こそが宝物のような時間だという思いを、もう一度生々しく思い起こします。

誰もがたくさん胸の中に持っている「感謝」の思いを照れくささで伝えにくい時には、「いてくれて当たり前」だと思っていることが実は奇跡のように尊い瞬間だということを思いだし、もうひと言添えることにしています。

子供の誕生日には「生まれてくれてありがとう」

我が家の息子もとっくに成人していて、そんなことを言うと照れくさそうにするだけですが、それでも自分が愛されていることをしっかりと感じ取ってくれているはずです。

そんな話をじっくりと聞いていただきました。

青年会議所の担当者さんには、何度も連絡を取っていただき、いろいろお世話になりました。

文字通り「感謝」で一杯です。

サブコンテンツ

ページトップへ