アコースティックライブ in 赤瓦SPのお礼

一昨日の「アコースティックライブ in 赤瓦SP」、たくさんの方にご来場いただき、ありがとうございました。

6年ぶりの赤瓦ライブで、果たして集まっていただけるんだろうか、と不安でしたが、フロア一杯のお客様で大感謝でした。

akagawara

ずっとアコースティックライブを続けてこられた赤瓦ジョニーさんの存在がなければ実現しませんでした。

赤瓦ジョニーさんのオリジナルソングで、会場はノリノリに。

akagawara2

ジョニーさんは、家族に、

「そんなオリジナルより、知っている歌を歌ってよ、ハマショーを」

と言われるそうです。

奥様が浜田省吾の大ファンで、ご主人の歌を聞くなら、ハマショーコピーを聞かせろと(^_^;)

私も、オリジナルソングをライブでやると、

「今度は知ってる歌をやってよ」

と言われた頃もありました。

激しくジョニーさんにシンパシーを感じつつ聴きました♪

akagawara3

会場は、空間演出の竹とうろう職人ともさんの手になるオリジナル竹とうろうでいいムードに。

ますます作品がグレードアップしているようです。

なお、この「赤瓦」竹とうろうは赤瓦1号館にともさんが寄贈したので、いつでも現地で現物が見られます。

私は、講演でやるときみたいにスライドショーを交えてやりました。

今回、初おひろめの「スライドショー」も二つこしらえて臨みました。

テーマが決まっている講演では歌えない歌を、初披露しました。

初めて歌う時って、やっぱり緊張しますね。

 ↓ 「疑問 ~おばさんスマホ編」をやっているところです(モアイさん撮影)

sumaho

アンコールで、「思い出」と「鳥取牛骨ラーメン」のリクエストをいただいたので、2曲やりました。

akagawara4

久方ぶりのライブらしいライブをやって、懐かしいような新鮮なような気持ちで、心地よかったです。

サブコンテンツ

ページトップへ