中四国500人の方の前で歌う

昨日、土曜日の夜は、倉吉駅前のホテルセントパレスで歌いました。

sidouin

よくそのホテルには行くんですが、2階の全フロア使っての盛大な会は初めてでした。

中四国の体育指導員の方々の集まりで、ジャージ姿の人がなんと500人!!

乾杯が終わったあとで、
「まぁひとつどーぞ」
「あー、これはこれは」
「私、山口県の」
なんて感じで、すごい人数の人がアルコールパワーもあって盛り上がっているところに私の登場です。

酒席で歌う機会が非常に多いわたくしですので、今までの経験から、

まったく聴かずに大声で話をする人ばかり・・・6割

半分くらいは時折耳を傾けている・・・2割

ほとんど全員が聞いてくれている・・・2割

とまぁ、大雑把にこんな感じです。

ですから、わあわあ雑談していても、中には聞いてくれている人もいるのだ、ということを心の支えにやり切るわけです。

今日もそんな感じかなぁ、と1曲目「疑問」、2曲目「里帰り」を歌いましたが、予想どおりの展開で、ステージ前の席の方々、と裏方役の地元の方々は大いに笑っていただいてましたが、そのほかの方々は「?」という感じ。

まぁ、コテコテの倉吉弁で語られても、なかなか入って来づらいのもしかたないことです。

sidouin02

3曲目に「牛骨ラーメン応麺歌」をやりました。

この曲のときに、助っ人に来てくれていたエアロビのインストラクターさんのおかげもあって、会場が徐々にヒートアップして来ました。
ギューギューの腕も上がって来ました。

そしてラストに歌った「梨のうた」では、だんだん会場全体の耳が集まって来た感じになり、あちこちで手拍子が起こりました。
よかったぁ、と安堵しながらステージを降りかけると、なんとアンコールの大手拍子となりました。

sidouin03

アンコールなんて予想してなかったので、えーいこうなりゃ初めての手で行くか!
と、なんともう一度「梨のうた」を歌いました。
ステージ前に集まって腕を振る人がだんだん増え、間奏では大拍手。なぜか歓声も起こりました。

sidouin04

↑ 何県の方なのか、ステージ上に上がって来て他の人をあおっています(^_^;)

やっぱりふるさと思う気持ちや家族を思う気持ちって、伝わるんだ、と改めてそう思いました。

sidouin05

ステージを降りて会場の中を通って出る時にも、あちこちの席から、
「いい歌だったよ」
「ありがとう」
などと声をかけてもらい、拍手をもらいながらの退場でした。

しかし、すごい人数でした。

その後は、入り切れないということで開催地の県中部の方々が食事をしている4階で、「まぁ少しでも食事してくださいよ」というお誘いだったので助っ人の人と異動しました。

4階会場に入るや、大拍手で、とにかく1曲歌ってよ、という手拍子が始まったので、ホテルの従業員の方がマイクをセットしてくれたのでギターをケースから取り出しました。

「梨のうた」
「教習所編」
「牛骨ラーメン」
とリクエストが来たので、
「とりあえず1曲に絞ってください」
とお願いすると、多数決で「教習所編」になり、大汗かきながら歌いました。

いやぁ、気持ちのよい夜でした。

サブコンテンツ

ページトップへ