水郷祭に歌う

7/20の湯梨浜夏祭りの水郷祭の日、cafe ippoで歌いました。

今年は普段やらない語りの入る曲をたくさん選んでたので、譜面と言う名のシナリオを見ながらやったのですが、なにせ暗かった!

まったく見えなくて、普段やっている曲に切り替えるか、とも思いましたがせっかくなのでやりたいな、と。

お客さんから懐中電灯をお借りしたけど見えなくて、結局、たまたま家に帰っていた息子に、譜面台にはさむクリップがついてるライトを持ってきてもらいました。

うちから近い場所でよかった、と思っていたんですが、祭りのための渋滞でなかなか来ません。

ようやく始めたのは、花火が上がる30分前。

ライトがまたつかなくて、cafeから電池を借りてやりました。

009

それでも見えなくて、アドリブ三昧でしたが、それが不幸中の幸いで、大いにウケました。

「スゴイなぁ」

という感嘆の声も聞こえましたが、そもそも私が作った歌のなので、作り直すのこともできてしまうのです(笑)

「水郷祭」という作っただけでライブでやっていなかった歌も歌いました。

アンコールの「牛骨ラーメン」をやっている途中に花火が上がりはじめました。

以前、よく祭りのステージで歌っていた頃は、歌い終わって花火スタート、というパターンが多かったのです。

が、去年と今年はメイン会場のゲストではないので、初めての花火を背にして歌うという暴挙に出ました。

講演とは違って、リラックスしながらの(周りがあまり見えないというある種の緊張感はあるわけですが(笑)ライブは一味違う楽しさがあります。

サブコンテンツ

ページトップへ