「ブログ」の記事一覧

交通事故はまさに一瞬で地獄に

労働安全衛生

カーブにさしかかるまでは、4人の男女たちが雑談で盛り上がりながらドライブを楽しんでいたに違いありません。 カーブに入って数秒後に、4人とも尊い命を失ってしまいました。 救急隊として現場に駆けつけた私たちが見たのは、変形し・・・

防災フェアで語り、歌いました

イベント

地震体験をするための起震車という車があります。 各消防機関なり自治体なりが持っていますが、鳥取県では県が所有し、鳥取県中部ふるさと広域連合消防局が管理しています。 訓練指導の要望があれば、保育園から小・中・高等学校、企業・・・

人権意識は家庭から

人権講演会

7月9日(日)は、鳥取市福部町で人権啓発推進集会がありました。 90分間の講演の中で、一番お話したかったのは、 「人権意識は家庭から」 ということでした。 「人権」については 社会制度や歴史など、いろいろと勉強すべきこと・・・

労災事故の奥にメンタル面の問題が

労働安全衛生

労働災害に救急隊員や救助隊員として出動してきた一消防士の印象では、労災事故の「不安全な行動」の奥には、メンタル面での問題がある場合が少なくない、と感じてきました。 7月1日は、米子市でイワタ建設株式会社様の安全大会での講・・・

心の底から笑って元気に

心の健康講演会

笑うことが、心の健康にいいのであれば、心の底から大笑いしていただくことでより健康になるのではないか、と思いながら歌いました。 6月30日(金)は、琴浦町カウベルホールで「高齢者のつどい」がありました。 ステージに立って客・・・

心配事をなくすことで交通安全を

労働安全衛生

建設会社さんの安全大会でお話をさせていただく機会が、年々増えてきました。 やわらかい話も、かたい話も織り交ぜてお話をさせていただいていますが、6月16日の馬野建設株式会社様の安全大会では、 「心配ごとをなくすことで安全を・・・

夢破れても生きる力を失わないで

コラム&エッセイ

数年前から保護者会主催の講演会講師として招かれることが多くなりました。 ほとんどが保護者対象なのですが、先月は、北海道二海郡八雲町の八雲中学校と落部(おとしべ)中学校、そして私の母校である湯梨浜町立東郷中学校と、三度も中・・・

「言葉」」は心を伝えるためにある

人権講演会
観客画像

人権講演を毎年いろんな場所でやらせていただいています。 大きなホールのときもあれば、公民館で少人数のときもあります。 大きなホールで大勢の参加者さんの、どよめくような笑い声が響くのも嬉しいのですが、小さな会場でひとりひと・・・

ページの先頭へ