「どうしてこんなことになってしまったんだ!!」

 

そんな嘆きの言葉を耳にする現場に出動してきました。

毎日、聞かされた注意喚起の言葉

毎日、唱和してきた安全標語

「十分気をつけていたつもりだったのに・・・」

労働災害事故での救急搬送件数は、年々増加しています。


 

安全で何事もない日々が続くと、何事もないことが当たり前になってしまい、ないがしろにしているつもりはなくても、自分でも気づかぬうちに意識が薄れている場合があります。

その上に、心配事があったり、不愉快なことを考え続けていたりすると、注意力が散漫になることがあります。

車の運転だって、十分気をつけているつもりなのに、一瞬のすきをついて危険が迫ってきたという経験を、おそらく多くの方がされているんではないでしょうか。

後悔しないように、日頃から心配事を無くしたり、コミュニケーションを良好に保つことを意識していたいものです。


 

「体の健康」も、同じことが言えるようです。

「安全」と同じように、健康な状態がずっと続いていると、ついつい健康なことが当たり前になって、体や心のメンテンナンスを怠ることになりがちです。

不摂生しているつもりがなくても、今年の夏のように、連日の暑さの中で、ついつい作業やレジャーに夢中になり、水分や塩分補給を怠る人も少なくありません。

熱中症については、連日テレビニュースやバラエティー番組でも取り上げているので、知識はあるのに、やっぱり熱中症になって病院に運ばれる人はあとをたちません。


 

「安全」も「健康」も、どこかに

「自分だけはだいじょうぶ!」

という油断があると、危険が迫ってきます。

「十分気をつけていたつもり」「つもり」を止めて、チェックすることを欠かさないようにしたいものですね。