ハワイ・湯梨浜町交流10周年記念イベント

昨日、私の住んでいる湯梨浜町で「ハワイアン・ルアウ・イン・ゆりはま」というアメリカのハワイ州との交流10周年の記念イベントがハワイアロハホールでありました。

ゲストはハワイ郡長補佐官、ハワイ日本商工会議所頭、そして東関親方でありました。

アロハホールの会場もロビーにも英語が飛び交い、英語で会話している知人を見るにつけ、英会話ができればなぁというため息が出ました。

hawai2

で、ホールの畳の大広間に移って、食事とフラダンスやらハワイからの若人が歌を歌ったりのステージが続き、私の登場です。

同じ日本国内でも、県外では「???」な反応の多い方言を多用する私の歌に、何十人もいるハワイの人たちがどういう反応を示すか心配だったが・・・案の定、大笑いする地元の人たちを不思議そうに見ていました。

目の前の東関親方も、途中からしきりに近くの子供たちに話しかけておられました。

そもそもは、町村合併前の羽合町時代、「日本のハワイ」と呼ばれていたことがきっかけで、交流がはじまり、町村合併で湯梨浜町になってからも、しっかりと地道に続いている交流事業は、まさしく「官民一体」となって継続しているので、町民としても誇らしく感じます。

ハワイから日本に来ている人や地元の人の有志が朝の8時から夕方までかかって作ったハワイ料理は、非常においしくてビールがひたすら恋しい夕べでした。