「生活に笑いを取り入れて」PTA人権教育講演会

2013年8月7日に鳥取県湯梨浜町立東郷小学校PTA人権教育講演会で90分やらせていただきました。
後日、お礼と取りまとめたアンケートの結果を郵送していただきました。

当日は暑い中、たくさんの保護者さんが参加されました。
保護者さんはそれぞれお仕事でお忙しくされているのですが、子どもたちは夏休み期間なので、ぜひ時間をつやりくりして一緒にたくさんの思い出を作って欲しいと思い、私の経験も話しました。

私自身は、息子たちが小学生の頃は、消防士として24時間の隔日勤務をしていました。
子どもたちからすると、朝から晩までずっと父親がいない日が、一日置きにあるわけですから、その分非番日にはなるべく一緒の時間を多くしました。
夏休みなると、家族でキャンプによく出かけました。
妻が仕事の日には、子どもたちと遊具のある公園に行ったり、山までドライブをしたりしました。
子どもたちは父親とよくしゃべってよく遊んでくれました。
そのおかげで私自身のメンタルも癒やされてきました。

その後、妻が心の病気になったとき、息子たちはそれぞれ都会に住んでいましたが、病状が悪くなると一致団結することができました。
「お父さんの力だけでは、お母さんを元気にできないんだ。
君たちと力を合わせて、お母さんの病気を治してあげよう」

そんな会話もしました。

息子たちがその後、「父を尊敬しています」と人前で言ってくれるようになったのも、子どもの頃に多くの時間を一緒に過ごし、母親の病気から人を気づかったり、優しくすることを学んでくれたおかげだと思っています。

そんな個人的な体験も含めてお話させていただきました。

アンケートの中の一部をご紹介申し上げます。

石川さんのお名前は存じていましたが、お話もお歌もはじめてお聞きし、とても心があたたかくなりました。
家族を思う気持ちに同感し、涙が何回もあふれました。
また、親としても現役で夢を追い続けておられる姿を、私も見習いたいと思いました。
子どもにも夢を持って、実りのある人生を歩いていってほしいと願っています。
生きていてくれるだけで! 本当にそうだと思います。
日々の生活に追われ、欲が出、我が子が生まれた喜びや生死をさまよった時の苦しみ、哀しみ・・・、
単純に愛する気持ちを忘れてしまいます。
毎日楽しく過ごしてくれたら・・・元気でいてくれたら・・・悩んだり、迷った時には原点に戻る。
これからの生活の中で大切にしたい言葉でした。ありがとうございました。
石川さんのお話をきいていて、改めて生まれてきて、こうして生きてくれている我が子が愛おしく思いました。
こうあるべき、こうなってほしいという親主体の心から、怒りもわき、子どもたちを傷つけていた言葉もあったなぁ・・・とふり返りました。心から愛するわが子たちに、その思いを、笑いを取り入れながら伝え、明るい家庭にしたいです」

tougou1

皆さん、最後まで真剣に聞いていただいて、ほんとうにありがたいとうございました。