人は、「大切」だとわかっていても、できないことがたくさんあります。


「健康」というものがどれだけ大切なものであるか、病気をしたときにはあんなに痛切に思い知ったのに、癒えてしまうと、その思いが薄らいでしまう。

遠く離れて暮らしていると、その存在のありがたさを、寂しさとともに噛みしめても、一緒に過ごす時間が長くなればなるほど、感謝の思いを忘れてしまう。

人は、経験した痛みや寂しさを、「大切さ」を思い出すエネルギーにすることで、やっと大切にできるのかもしれません。


大きくへしゃげた車両のドアをこじ開けて、瀕死のけが人を救出したときの光景は、その後にそんな現場をあまた経験しても、忘れられることができませんでした。

一つ一つの現場の記憶は、長年忘れていても、突然蘇ることもあります。

たまたま車で通った道路の片隅に置かれた花を目にした瞬間。

あのとき、そこに確かに必死にもがき苦しみ、助けを求めた人がいた。

そして、すでに息絶えた人もいた。


あれから数十年が経過してもなお、そこに花が供えられていることに、残された家族の存在を見た思いがしました。

そんな思いを抱くと同時に、健康や安全、大切な人の存在について、あらためて考えます。


人と自分を大切にすること画像1

人と自分を大切にすること画像3



6月29日は、鳥取市で「第50回中国ブロック寺族婦人研修会鳥取大会」で、二日間の研修会の二日目の講師を務めました。

高野山真言宗お寺さんの女性の方々の研修会でした。

講演では、大いに笑われて、後半では多くの方が涙を拭いておられました。



普段から信者さんや地域の方々とふれあい、相談に乗られている皆様なので、私の話すエピソードをしっかりと受け止めていただけたのかもしれません。

人の生や死や心と向き合っていらっしゃる方々だから、なおさら前のめりになるような感じで聴いていただけたようです。


人と自分を大切にすること画像2



人と自分を大切にすること

言葉にすると簡単ですが、なかなか実行できないものでもあります。

人のことは一生懸命になるのに、自分を大切にしてあげられてなかったり。

自分のことにかまけて、他人を思いやれなかった自分を責めたり。

それでも、痛みや寂しさを思い出して、優しさや思いやりやぬくもりを、自分とまわりの人に届けていきたいですね。