幼稚園記念イベントで歌って話す

2014年7月12日は、倉吉未来中心小ホールで開催された「聖テレジア幼稚園創立60周年記念」のステージで講演をさせていただきました。

園児のお父さん、お母さん、おじいちゃん、おばあちゃんがおおぜいいらっしゃいました。
子育ての話、消防体験の話をして、歌いました。

201407120018

最近よく歌う「今が最高」は、明るい曲調ですが、スクリーンに映し出される幼い頃の息子の画像を見ながら、涙をぬぐっておられる方の姿が見られました。

子どもが元気に学校に通う、そんな平凡な毎日がとても愛おしく感じます。
子どものことを思うと、いつになっても胸がキューっと熱くなります。
そんな思いを歌詞にしています。

子どもたちが幼いときの一瞬一瞬が、やがて思い出になっていきます。
今というときは二度と戻ってはきません。
今の子どもたちをしっかりと愛してあげて欲しいと思います。

私の講演が終わり、園児さんが総出で、私を中心に集まり、「世界にひとつだけの花」を合唱しました。

ほんとに可愛くて可愛くて。
自分の子育てを振り返っても、息子たちが保育園児の頃って宝石のような時だったと思います。

終わったあとに園長先生が、
「もう最初のほうから泣きました」
とおっしゃってました。

子供のことになると、何歳になっても胸に来ますよね。

前日から準備をされて、当日も園児さんたちのパフォーマンスで大忙しだった先生方、そんな中で細やかなお心遣い、ほんとうにありがとうございました。

日本海新聞7/26に掲載されました。

IMG_20140727_0001

音楽と踊り 60周年祝う

倉吉・聖テレジア幼稚園

聖テレジア幼稚園 (倉吉市福吉町、谷本純子園長)は、創立60周年を祝う記念イベントを倉吉未来中心で開いた。園児や保護者ら多くの来場者でにぎわった。

谷本園長は「今までたくさんの方にご支援をいただきました。還暦のお祝いに来てくださったお客さまにおもてなしをさせていただきます」とあいさつ。

3~5歳の園児が音楽に合わせ、元気に踊りを披露した。
続いて、湯梨浜町在住のシンガーソングライター講演師の石川達 之さんが自身の家族とのエピソードや歌を交えながら子育てなどについて話した。

フィナーレでは、園児や保護者、石川さんらが「世界に一つだけの花」を大合唱した。