おじいちゃんおばあちゃんが子育てに口を出して困っている

「おじいちゃん、おばあちゃんから子育てに口を出されて困ってます。どうすればいいんでしょうか?」

子育てや人権参観日の講演後に講師への質疑コーナーがあることがあります。
そんなときに、ときどきそんな質問があります。

これはなかなか簡単ではないですね。
うちは核家族でしたが、実家に帰ると母が、私の息子を見て「そんな薄着でいいのか」と、ちょっと目を離すとすぐに厚着をさせるので困ったことがありました。

うちは同居ではなかったので、そんなにもめることもありませんでしたが、講演後の質問とか相談では、お母さんと義父母さんの関係での悩みはよく聞きます。
「すごくストレス溜まってるんです」
とおっしゃる方もいました。

都会から田舎に嫁いで来て、ただでさえ戸惑っているのに、いろいろ言われてストレスが溜まってつらい、と言う方もいらっしゃいました。
世代間の感覚の相違は、なかなか埋められません。
同居していない家庭でも、同じような悩みは多いはずです。

おじいちゃんおばあちゃんの性格によっては、どんな対処法もなかなかすぐには効果が表れないかもしれませんが、対話をあきらめて対立してしまったら、子どもは間にはさまれて戸惑うばかりです。

まずは、おじいちゃん、おばあちゃんと話し合うことです。
相手へのリスペクトを伝えながら、

「自分たちはこういう方針で育てたいから、見守ってください
もし困ってSOSを出したら協力してください」

そう伝えてみてくださいとお話しました。

講演会後の質問コーナーでは時間が足りなかったので、ざっくりとしか話せなかったことを書いてみたいと思います。

子どもがどうしていいのか分からなくて迷う

孫娘と仲良しのおじいちゃん
子どもにとっては、両親が言うことと、祖父母が言うこととが違うと「どっちの言ってることを信じたらいいの?」と混乱してしまいます。
子どもは純粋ですから、矛盾したことに納得はできません。

それはなにも祖父母と父母との関係だけではなく、親の言うことが矛盾していても同じです。
たとえば、同じことをしても何も言わないこともあれば、大声で叱られることもあるなど、その日の親の機嫌でコロコロ変わったりすると、子どもは混乱して、情緒不安定になったり、心に傷を負ったりすることにつながりかねません。
そんなことは、絶対に避けたいですよね。

子どもが、自己評価を下げないでのびのびと育つためには、家族が仲良く話し合えるということが大切です。

おじいちゃんおばあちゃんをないがしろにしない

娘に大切にされるおじいちゃん
たとえ意見が食い違っても、おじいちゃんもおばあちゃんも、孫に対して強い愛情があることには間違いありません。
親だと、子どもとの距離が近すぎて見えないところが見えることもあります。

昔だと、親の目が行き届かない部分を、近所の大人たちが補ってくれた時代もありました。
親が、子どもの成績しか関心を持っていなくても、子どものほかのいいところを近所の人が見てくれてほめたりしました。
「お前、走るの早いなあ」
「君は、弟に優しくしてやって偉いなあ」

などと、親が認めてくれない美点を、しっかりほめてくれたりしました。
そのおかげで自己評価を低くしないで成長できた子どももいました。

しかし現代は、近所の人間が下手にかかわるとその子の親から苦情を言われたり、どうかすると警察に通報されかねませんから、口を出すことがなくなってしまったのが現状です。

そこで、おじいちゃん、おばあちゃんの登場です。
親の足りない部分をどんどん補ってもらいましょう。

私自身も、子どものころは荒れていて、悪いことばかりをする問題児でしたが、母親の実家に行くと祖母が愛情を注いでくれたおかげで、なんとかまともに成長することができました。
祖母の存在がなかったら、今頃どんなことになっていたかわかったものではありません。

親を大切にするところを子どもに見せる

仲良しの3世代
「友達と仲良くしなさい」
「差別したり、いじめたり、絶対してはいけませんよ」

そんなふうに日頃から教えてくれていた親が、おじいちゃんおばあちゃんと激しく口論していたり、
陰でおじいちゃんおばあちゃんの悪口を言っていたのでは、親としての信用を失ってしまいます。

そうはいっても、お互いに人間ですから、カッとなることもあると思います。
そんなときのために、ぜひ「アンガーマネジメント」を学ばれることをおすすめします。
怒りをコントロールできるようになれば、何より子育てでのイライラを爆発させることが少なくなり、子どもにもいい影響を与えることになります。

親を大切にするところを、しっかりと子どもたちに見せることが、学校では教わることのできない大切なことを教えることになります。
子どもが社会人になり、成長していく過程で、その成果を見せてくれることになるはずです。

尾木ママがこう言ってますよ作戦

おじいちゃんおばあちゃん世代に、今の子育て法の有効性を伝えても耳を傾けてくれない場合があると思います。
そんな時には、自分たちの意見ではなく、第三者の意見なんですよ、と伝える方法もあります。

マスコミによく登場される尾木ママ(尾木直樹先生)が、以前テレビ番組でこんなことをおっしゃってました。

現代は脳科学が進んでいろんなことが解明されているので、昔の子育ての常識とは大きく変化しています。
おじいちゃん・おばあちゃんは口を出さないで、後方支援してください。

このことを、「テレビで尾木ママがこう言ってましたよ」と、第三者の意見として伝えるという作戦も有効性があると思います。

おじいちゃんおばあちゃんには、ときどき孫の子守をしてもらったり、分からないことを教えてもらったりなどの後方支援してもらうという形で孫育てのチャンスをプレゼントしてあげましょう。

まとめ

孫娘が可愛いおじいちゃん

おじいちゃんおばあちゃんをリスペクトしながら、自分たち親の子育て方針を見守ってください。
自分たちも親として成長していきたいので、試行錯誤することもあるけど、まずはまかせてください。

と伝える。

自分たちに分からないことは教えてください、とお願いする。
人は頼られ、必要とされると嬉しいものです。

子どもには、お父さんお母さんも、おじいちゃんおばあちゃんも、みんなあなたのことが大好きなんだよ、と伝える。

イラっとしたらアンガーマネジメント。

そして最後にもうひとつ。
おじいちゃんおばあちゃんが、孫を多少甘やかしても大目にみてあげてください。
孫を可愛がるのは、じいちゃんばあちゃんの生きがいです。
親には甘やかしているように見えても、じいちゃんばあちゃんにとっては、自分たちが必死に子育てしていた時代にはできなかった形の愛情表現でもあるのです。
ぜひとも、じいちゃんばあちゃんに孫育ての醍醐味を与えてあげてください。