お笑い芸人さんとともにNHK全国放送に出演

2006年に、NHK総合テレビに出演しました。

5/11は中国5県で、5/13は全国放送されました。

070511_2030~0001

「ふるさと発スペシャル『地域活性課』シリーズ第3弾」という番組でした。

その中で中国5県、各県の歌を紹介するコーナーで、もちろん鳥取県で登場したわけです。

当日は当番明けで、勤務交代後に帰宅して、着替えてギターなどの準備をして、倉吉市の名所赤瓦に向かいました。

放送は5月なので温かい季節なのですが・・・
収録日は3月です。
収録した日は、3月でも特に寒い日でした。

実は、勤務中から微熱があり、悪寒を感じながら仕事をしていたのです。

撮影は、赤瓦の中心を流れる玉川沿いの道と、赤瓦一号館の中でした。

事前に、担当の女性ディレクターさんから言われていました。
「石川さん、放送は5月なので春の服装で来てください」と。

なのでこんなシャツ姿で参上したのです。
北風が吹く中、私はシャツ姿でギターを抱え、2時間以上かけての収録でした。

歌ったのは2曲で、玉川沿いを歩きながら「僕の町」を歌い、赤瓦1号館の中で「荒ぶる魂」というふるさと鳥取をテーマにしたラップ調の曲を歌いました。

いつもイベントなどでお世話になっている赤瓦1号館の方々にも協力していただき、出演していただきました。

ワクワクしながら放送当日を待ちました。
番組に登場する出演者は、林家木久蔵ネゴシックス安田大サーカスなどそうそうたる方々です。(敬称略)
私は収録なので、それらの方々とご一緒するわけではないのですが、同じ番組の画面に出られるというだけで期待値はいや増しになります。

胸の鼓動をおさえつつ画面を注視しました。
番組が始まりました。

ようやく私の登場となり、固唾を呑んで見つめていましたが、あっという間に場面転換となりました。
時間にして

25秒

でした。
あっ!!という間に終わってしまいました。

あの悪寒に震えながら、何度も何度も歌ったあの2時間!
いえいえい、そうは言いながらも、収録はとても楽しい時間でした。

いつもそうなのですが、撮影スタッフの皆さんをいかに楽しませるか、ということにもこだわっているんです。
今回も、ディレクターさん、カメラさんたちは笑顔で撮影に臨んでくださいました。
貴重な体験をありがとうございました。