建設工業新聞に掲載「美勇会フォーラム」で講演

2015年9月に開催された美保テクノスグループ企業でつくる「美勇会フォーラム」建設工業新聞に掲載されました。

美保テクノス・グループ企業でつくる美勇会は、第14回コミュニケーションフォーラムを26日午前10時から米子市末広町の米子コンベンションセンター国際会議室で開き、 グループ企業から社員約3350人が27チームに分かれてグループワークなどで交流した。

今年度のテーマは、美勇会のメンバーが同じ時間を共有し、一緒に何かを創っていく場を提供していこうという思いから「ともに創る」

まず、グループを代表して美保テクノスの野津一成社長が「グループ企業14社、それぞれ苦労してきましたが、みなさんの努力が功を結び売り上げも150億円を超すようになった。
これも偏にみなさんと各社経営陣の努力の成果だと喜んでいる。
今年度の経営環境を展望すると、公共工事も昨年とは打って変わって配分自体が減っているし、民間でも各社とも苦戦を強いられている。
今日はみなさんとともに『後半も頑張ろう!』という決意を新たにしたい」と美勇会の設立趣旨、美保テクノスとグループ企業の歩みを交えてあいさつ。

続く講演会では、シンガーソングライター講演師の石川達之氏による「心の健康~笑って元気に~」と題した講演を聞いた。
32年間勤務した鳥取県消防局時代 の自損行為や労働災害の現場体験、妻のうつ病への関わり方に悩み苦しんだ体験ーなどをパワーポイントにオリジナ ル曲を交えて楽しく話した。

「なかなか男性は言いにくいと思いますが、『(生まれてくれて、産んでくれて、育ててくれて、いてくれて)ありがとう』と言葉で伝えること が大切」と講演を締め括った。

グループ各社からのお知らせ、昼食・休憩にはロビーで眼西部総合事務所福祉保健局が「肺がん予防」の展示ブースで参加者が話を聞いたりしていた。また、午後1時からのグループワークでは「みんなで美勇会の歌をつくろう!」「ギネスに挑戦!」(チーム対抗)で親睦を深めた。