倉吉市役所庁舎内で初めてのライブ(日本海新聞)

2003年11月20日、白壁土蔵群の復興支援ライブの収益を倉吉市に寄付したときのことが日本海新聞に掲載されました。

倉吉市役所で初ライブ

羽合の石川さん 収益を市に寄付

県中部の方言丸出しのユーモラスな歌で知らる「ハワイ笑歌村空」の石川達之さん(46)=羽合町久留、中部消防局勤務=が20日、5月の火災で一部焼失した倉吉市内の重要伝統的建造物群の復興に役立ててもらおうと、コンサートの収益金六万円を同市に贈った。

石川さんは、先月18日に被災地近くの赤瓦1号館で「復興支援チャリティーライブを開催し、聴衆約70人から浄財が寄せられていた。

仕事の昼休み中に市役所を訪れた石川さんは、「若い人が喜んでライブに参加した。その思いを受け取って下さい」と述べ、収益金を受け取った長谷川稔市長は「白壁土蔵をクローズアップした歌を作ってほしい」とお礼を述べた。

このあと石川さんは、長谷川市長の要望で急きょ、市役所1階ロビーで生漢奏。
市職員や市民を前にギター片手に2曲披露し、間奏で「白壁もパリッときれいになって頑張りますけえ」とメッセージを送った。
演奏終了後、石川さんは「市役所でのライブ”はぼくが初めてですね」と照れ笑いを浮かべていた。