CATEGORY

ブログ

物流業界紙に執筆させていただきました。

全ト連全国大会パート1特集 2016年10月6日、全国トラック協会の全国大会が米子市で開催されました。 当日は、私はギターの弾き語りを交えてお話させていただきました。 物流ニッポンという運送業界の全国紙で、その全国大会の特集号が発刊され、その紙面の一面全部を、ご指名いただいて私が執筆しました。 鳥取県西部の米子市が開催地ということで、名峰大山(だいせん)の素晴らしさを、志賀直哉の名作「暗夜行路」の […]

「女性自身」に救急要請についてのインタビュー記事が掲載

女性雑誌の「女性自身」(2013年10月15日号)に、救急要請のことについてインタビューを受け、記事になりました。 電話でのインタビューで、記者さんとかなり長時間お話して、その内容をまとめられたものが掲載されています。 微妙にニュアンスが違うと思われる箇所もありますが、実態は伝わるのではないかと思います。 自分で身支度できる人は通報しないで! 救急車はどんなときならば呼んでいいの? 元消防士 石川 […]

明日を楽しく働くために(労務管理講習会で講演)

2015年3月、一般社団法人鳥取県労働基準協会の新聞で講習会の様子を紹介されました。 東部支部では、平成27年2月6日(金)13時30分から鳥取県労働基準協会会館2階会議室において、参加者40名を集めて「労務管理講習会」を開催しました。 講習会では、鳥取労働基準監督署の丸山裕毅署長が挨拶の後、引き続き、「法改正の動き並びに当面の労務管理の課題」と題して、知って得する!説明を行いました。 その後、中 […]

壮絶な現場で学んだ安全意識

2015年7月、建設工業新聞に「やまこう建設安全大会」を紹介されました。 281人で安全大会(やまこう建設安全大会) やまこう建設 (鳥取市南隈、岸本行正社長)は、2015年度安全大会を全国安全週間の7日、鳥取市伏野の県立福祉人材研修センターで開いた。 大会では、今大会のテーマ「喝」のごとく脱マンネリ化を図り、互いに「叱咤激励」し合い、安心して働くことができる快適職場を築きあげることを宣言した。 […]

建設工業新聞に掲載「美勇会フォーラム」で講演

2015年9月に開催された美保テクノスグループ企業でつくる「美勇会フォーラム」が建設工業新聞に掲載されました。 美保テクノス・グループ企業でつくる美勇会は、第14回コミュニケーションフォーラムを26日午前10時から米子市末広町の米子コンベンションセンター国際会議室で開き、 グループ企業から社員約3350人が27チームに分かれてグループワークなどで交流した。 今年度のテーマは、美勇会のメンバーが同じ […]

「これが私の生きる道」24時間テレビに出演

2016年8月28日、24時間テレビで講演活動を紹介されました。 この年の24時間テレビのテーマは「これが私の生きる道」だったので、消防士を辞めて自分の道を歩んでいる私を選んでいただいたようです。 我が家にも何度も打ち合わせと取材でテレビ局の方がいらっしゃいました。 我が家で、曲を作っているシーンを撮りたいということで、急遽曲作りをやりました。 鳥取県立総合産業高校保護者会の人権講演会を取材してい […]

歌と語りで「うつ」への理解を

鳥取県中部広域連合消防局を早期退職した年の12月14日に、夕方のNHKニュースに生出演しました。 「この人 歌と語りで”うつ”への理解を」というタイトルの特集の中で、うつ・自殺予防の活動を紹介していただきました。 すでに人権講演会などの活動を開始していて、人権について語る中で、いまだに「うつ」などの心の病気に対する偏見が根強く残っていることにも言及していました。 とても悲しいことに、大事な家族を自 […]

心の病に癒やしの歌を

私が鳥取県中部広域消防局を早期退職した2ヶ月後の2011年5月25日に、山陰放送の夕方のニュース「テレポート山陰」で、うつ・自殺予防の講演活動を紹介されました。 「心の病に癒やしの歌を」というテロップが入っていました。 最初は、脱サラ後にはじめた活動のリポートでした。 3月末に退職して、妻が少し前から通っていた日本メンタルヘルス協会大阪校へ、私も通うようになりました。 山陰放送の記者さんも大阪に来 […]

生と死の交差点で学んだ「伝えること」の大切さ

ショッキングな光景を目の当たりにして、 今、この瞬間を生きていることがどんなにありがたいことか! そう心から感じたとしても、平凡な時間の流れの中で、いつしかその思いも色あせていきます。 もうずいぶん昔に、前職の消防士時代に救急出動したある交通事故現場での光景も、いつしか忘れていました。 朝の通勤時間帯に、当時、新しくできたばかりのバイパス道路での普通乗用車の単独事故でした。 意識のない若い女性を、 […]