CATEGORY

エッセイ

「人生の転機」特別授業で脱サラについて話す

脱サラしたときのことを聞きたいという生徒がいるので、特別授業をしてもらえないか、というご依頼をいただきました。 長年勤めてきた仕事を辞めて、新たな仕事に挑んだときの気持ちはどんなだったのか? 脱サラ後の人との出会いでどんな学びがあったのか? 大きくその2つが聞きたいということでした。 ご依頼いただいたのは、鳥取県立鳥取盲学校さんでした。 視力が衰えていくため、新たな職業に就かれる生徒さんのたいへん […]

火災・救急出動で感じる愛のある部屋とすさんだ部屋

玄関を入った瞬間に、感じることがあります。 といっても、霊的存在などのことではありません。 私はホーラー映画が好きですが、霊感はありません。 たまに、「なんか火事になりそうな家だなあ」と感じることがありました。 消防士時代に、消防隊として、火災原因調査員として多くの火災現場に行き、一般家庭防火診断などの火災予防運動期間の行事でも、多くの家庭を訪問する機会がありました。 これはもうまったく個人的な印 […]

感謝の思いを言葉にして(日本海新聞コラム)

2013年10月に「潮流」に寄稿させていただくようになり、3年以上も続けさせていただきましたが、今回でお別れしたいと思います。 今まで書いた40回の「潮流」を通してたくさんの方と出会うことができました。 知人はもとより、未知の方から買い物中に話しかけられることや、感想の手紙をいただくこともありました。予想外な方からも「読んでるよ」と声をかけられ、「潮流」の認知度の高さにあらためて驚かされることがた […]

自分を大切にする一年に(日本海新聞コラム)

新年に届いた同世代の友人からの年賀状には、病気の報告があったり、自身のメタボを自虐的に書いたりなど、健康に関して一筆書いてあることが多くなりました。 年賀状に限らず、久しぶりに会う同級生との会話も、健康の話題が多くなりました。 それでも、中には学生時代と変わらず「長生きなんてしようと思わない」といまだに言う者もいます す。 「なんだかんだ言いながら、すでにそこそこ長生きしてるじゃないか!」と皆から […]

僕らは親のことをまるで知らない

「僕らは、親のことをなんにも知っちゃいないんだ」 そう言ってやりたい奴がいる。 今年95歳になる私の父は、耳はかなり遠くなったものの、幸いなことに元気だ。 先日、私の孫、つまり父にとってはひ孫の初節句の祝いに、我が家に招いた。 父に遊んでもらった記憶がほとんどない私は、満面の笑顔でひ孫に腕をのばす父を、不思議な気持ちで眺めた。 車で父を実家に送る道中、私は父にたずねた。 「若い時、県外に働きに行っ […]

「ありがとう」を感じるための「よかった日記」

がんばったのに認めてもらえない 努力したのにほめてくれない 一生懸命やったのに感謝されない そんな時はどうしてますか? 人から評価されることを、目的にしていたわけじゃないし がんばった自分に酔いしれたいわけでもない。 でも、誰にも気づかれないことが、淋しくてつらい気持ちになることもあります。 そんな時には、 もっとがんばるんじゃなくて もっと歯を食いしばって 一生懸命やるんじゃなくて 「ありがとう […]

ブルーな気持ちを切り替えると風景が変わる

考え事をしていたり、悩み事があると、同じ風景の中を歩いていても見え方が違いますね。 見え方が違う、というより何も見ずに歩いていたことに気づくことがあります。 職場に通う道のりも、子どもの誕生日だったり、入学試験の合格発表があったりすると、毎日同じ道を歩いているのに、見え方が違ってきます。 見慣れた町並みが、朝の日差しに照らされているのがとてもきれいに感じられます。 逆に、職場の人間関係で悩んでいる […]

感謝できなかった自分がいつのまにか感謝していた

あなたは、お世話になった人に感謝の思いを伝えていますか? 大切な家族や友達に「ありがとう」を伝えてますか? 思いはあっても照れくさくって言い出せなかったり 毎日忙しくて、そんなことを考えている暇もなかったり 感謝が心に満ちてくるような心の余裕がない日々が続いていたりするのかもしれません。 幸せになりたければ、心から感謝すること。 心からの感謝を、相手に伝えることで幸福感が増す。 相手に伝えなければ […]