CATEGORY

心の健康

専修大学校友会記念講演で「心の健康講演会」

ふだん県内の方との会話の中で、出身高校をたずねられることがあります。 高校野球シーズンなどは特に多いです。 出身大学をたずねられることは、今までほぼありませんでした。 私のホームページを見られた方が、 「石川さん、専修大のご出身なんですね。実は私の息子が」 という感じでお話されることがたまにあるくらいです。 2月24日(日)の夕方に、鳥取県米子市で専修大学校友会鳥取県西部支部の総会での記念講演第一 […]

鳥取市倫理法人会で話した「人を生かす言葉の力」

言葉については、いろんな方がいろんな角度から話されています。 「プラス言葉を使うように心がけ、マイナス言葉は使わないようにすれば人生うまくいく」 よく言われている言葉です。 間違いではないかもしれませんが、その言葉だけでは多くのことが抜け落ちてしまいます。 人権について考える機会も多くなり、SNSをはじめとした世論は、かつてとは比較にならないほど道徳的に厳しくなりました。 ヘイトスピーチやフェイク […]

「幸せな人」になる条件

あなたは自分自身が「幸せな人」だと思っていますか? 中には「ずっと不幸だ」と思う人や 「幸薄い人生」だと思う人もいるかもしれません。 多くの人は、 「そんなに不幸ではないけれど、なんとなく不安がある」 そんなふうに感じているんじゃないでしょうか。 心理学者のアブラハム・マズローの有名な言葉に 過去について後悔することもできるし、 未来について心配することもできる。 しかし、我々が行動できるのは現在 […]

「ありがとう」のその先も大切

「あなたの話を聞いて、勇気を出して『ありがとう』を伝えました」 そんなメールや手紙をいただく機会があります。 学校関係では、講演の終わった後に生徒さんが書いた感想文を、後日送ってくださるところが少なくありません。 私の話したエピソードがきっかけで、何人もの生徒さんが実行に移してくれたことを、感想文を通して知ることになります。   「ありがとう」と言葉にするには勇気がいる場合があります。 照れくさく […]

人と自分を大切にすること

人は、「大切」だとわかっていても、できないことがたくさんあります。 「健康」というものがどれだけ大切なものであるか、病気をしたときにはあんなに痛切に思い知ったのに、癒えてしまうと、その思いが薄らいでしまう。 遠く離れて暮らしていると、その存在のありがたさを、さびしさとともに噛みしめても、一緒に過ごす時間が長くなればなるほど、感謝の思いを忘れてしまう。 人は、経験した痛みやさびしさを、「大切さ」を思 […]

心を支える言葉の力(自殺防止対策強化月間講演会)

メンタルヘルスというと、聴き方、話し方についての講習・研修が多いと思います。 心無い言葉で心を傷つけられて、生きる力を失いそうになることもあれば、たったひと言が弱った心を支えてくれることもあります。 2018年3月21日の春分の日は、石川県能美市に自殺防止対策強化月間講演会の講師として呼んでいただきました。 今回は演題の「救急現場で学んだいのちの重さ」に「心を支える言葉の力」というサブタイトルをつ […]

つながることで心を元気に、そして企業活力に

「地震があったり、経済的にもちょっと元気がないところがあるんで、石川さんのお話と歌で元気にしていただけないでしょうか」 というお電話をいただき、2018年1月19日に、中学の修学旅行で阿蘇山に行って以来、実に数十年ぶりに熊本県に行きました。 翌20日には、熊本市のホテルで熊本市商工会女性部連絡協議会合同講演会の講師を務めさせていただきました。 実は、熊本が大きな地震に襲われた半年後に、私の住む鳥取 […]

心の底から笑って元気に

笑うことが、心の健康にいいのであれば、心の底から大笑いしていただくことでより健康になるのではないか、と思いながら歌いました。 6月30日(金)は、琴浦町カウベルホールで「高齢者のつどい」がありました。 ステージに立って客席を見ると、300人くらいの方が満面の笑顔で私を見つめていらっしゃいました。 プロジェクターに次々と映しながら、「笑い」の大切さについてお話しました。 この日は、地元の鳥取県中部と […]