CATEGORY

ブログ

感謝できなかった自分がいつのまにか感謝していた

あなたは、お世話になった人に感謝の思いを伝えていますか? 大切な家族や友達に「ありがとう」を伝えてますか? 思いはあっても照れくさくって言い出せなかったり 毎日忙しくて、そんなことを考えている暇もなかったり 感謝が心に満ちてくるような心の余裕がない日々が続いていたりするのかもしれません。 幸せになりたければ、心から感謝すること。 心からの感謝を、相手に伝えることで幸福感が増す。 相手に伝えなければ […]

松江市中海倫理法人会モーニングセミナーで「反始慎終」について

毎年、小学校、中学校、高校の生徒さんに 「産んでくれてありがとう」 「育ててくれてありがとう」 をご両親に伝えて欲しい、ということをお話します。 事故で命をなくしてしまい、もし生きていれば「ありがとう」と言いたかったはずなのに、言えなくなってしまった人のことをお話します。 そして、小学生の頃から両親に心配ばかりをかけてきた私自身が、実際に感謝の言葉を伝えた経験をお話します。 講演が終わり、後日感想 […]

人生100年時代を元気に過ごすために心身の健康を大切に

日本の高齢化は、世界で一番。 100歳以上の年齢の方が、なんと約7万人いらしゃるそうです。 今まで人類が経験したことのない高齢化社会を、私達は生きていくことになります。 そんな長寿社会のまっただ中で生きているはずの私の周囲の人たちは、飲むとよくこんなことを言います。 「俺は長生きなんてしようと思わない。太く短く生きたい」 同じようなことを言う人は、たくさんいます。 私が消防士時代、たくさんの病人や […]

専修大学校友会記念講演で「心の健康講演会」

ふだん県内の方との会話の中で、出身高校をたずねられることがあります。 高校野球シーズンなどは特に多いです。 出身大学をたずねられることは、今までほぼありませんでした。 私のホームページを見られた方が、 「石川さん、専修大のご出身なんですね。実は私の息子が」 という感じでお話されることがたまにあるくらいです。 2月24日(日)の夕方に、鳥取県米子市で専修大学校友会鳥取県西部支部の総会での記念講演第一 […]

鳥取市倫理法人会で話した「人を生かす言葉の力」

言葉については、いろんな方がいろんな角度から話されています。 「プラス言葉を使うように心がけ、マイナス言葉は使わないようにすれば人生うまくいく」 よく言われている言葉です。 間違いではないかもしれませんが、その言葉だけでは多くのことが抜け落ちてしまいます。 人権について考える機会も多くなり、SNSをはじめとした世論は、かつてとは比較にならないほど道徳的に厳しくなりました。 ヘイトスピーチやフェイク […]

何人の中学生が「ありがとう」を伝えてくれるだろうか

500人の中学生を前に、私が両親に「ありがとう」を伝えたエピソードを話しました。 全員が、講演の最後まで真剣に聴いてくれました。 2019年2月2日に、島根県松江市の松江市立第2中学校での人権講演会でした。 授業参観後の講演で、生徒たちの後ろには保護者さんと先生方が一緒に聞かれました。 救急、災害現場で私が体験した、人が生きようとする力のすごさについて話し、なんでもない毎日が、本当は尊い時間なんだ […]

「どんなにつらくても生き抜いてやります」という中学生の言葉

人権テーマの講演会で、いろんなところからご依頼いただいていますが、最近、増えてきたのが中・高校生に話して欲しいという依頼です。 それまでは、学校関係というとほとんどが保護者の方が対象でしたが、ある時期から「生徒に」という声が多くなってきました。 それは、神奈川県座間市のアパートで殺害された9人の遺体が発見されたというセンセーショナルなニュースが流れてからでした。 多くの若い人たちが、「死にたい」と […]

「幸せな人」になる条件

あなたは自分自身が「幸せな人」だと思っていますか? 中には「ずっと不幸だ」と思う人や 「幸薄い人生」だと思う人もいるかもしれません。 多くの人は、 「そんなに不幸ではないけれど、なんとなく不安がある」 そんなふうに感じているんじゃないでしょうか。     心理学者のアブラハム・マズローの有名な言葉に 過去について後悔することもできるし、 未来について心配することもできる。 しかし、我々が行動できる […]