CATEGORY

ブログ

「ありがとう」のその先も大切

「あなたの話を聞いて、勇気を出して『ありがとう』を伝えました」 そんなメールや手紙をいただく機会があります。 学校関係では、講演の終わった後に生徒さんが書いた感想文を、後日送ってくださるところが少なくありません。 私の話したエピソードがきっかけで、何人もの生徒さんが実行に移してくれたことを、感想文を通して知ることになります。   「ありがとう」と言葉にするには勇気がいる場合があります。 照れくさく […]

気をつけていたつもりの「安全」と「健康」

「どうしてこんなことになってしまったんだ!!」   そんな嘆きの言葉を耳にする現場に出動してきました。 毎日、聞かされた注意喚起の言葉 毎日、唱和してきた安全標語 「十分気をつけていたつもりだったのに・・・」 労働災害事故での救急搬送件数は、年々増加しています。   安全で何事もない日々が続くと、何事もないことが当たり前になってしまい、ないがしろにしているつもりはなくても、自分でも気づか […]

そのひと言で救われる

今までいろんな場所で、言葉の持つ力についてお話してきました。 言葉の持つマイナスな力の凄さ、と 言葉の持つプラスの力の強さ、について。 単純な言葉の短い連なりが、とても鋭い刃となって人の心に突き刺さり、命を捨てる決意をさせた自損行為の現場に出動したことがありました。 「やっと元気になりかけていたのに、あの人が、あんな言葉をかけたせいでこんなことに」 そう泣きながら語る家族の言葉に、こちらの心もギュ […]

人と自分を大切にすること

人は、「大切」だとわかっていても、できないことがたくさんあります。 「健康」というものがどれだけ大切なものであるか、病気をしたときにはあんなに痛切に思い知ったのに、癒えてしまうと、その思いが薄らいでしまう。 遠く離れて暮らしていると、その存在のありがたさを、さびしさとともに噛みしめても、一緒に過ごす時間が長くなればなるほど、感謝の思いを忘れてしまう。 人は、経験した痛みやさびしさを、「大切さ」を思 […]

いつもこなしている作業や運転が危険に

  人生100年時代と言われています。   私の父は、もうすぐ94歳になりますが、とても元気です。 夕方4時には、家族に先がけて一人で、自分の好きな肴で晩酌をやっています。 今では90代の人も珍しくありませんが、私が子どもの頃は、町内に数人いたくらいでした。 社会の勉強ということで、小学生のときにクラスの何人かと、学校の近くに住んでいた90代のおじいさんの話を聞きに行った記憶が […]

今ある命を大切に一生懸命生きます!

「お父さんやお母さんに、勇気を出して感謝の言葉を伝えようと思いました」 「両親にもっと、『産んでよかった』と思われるような子になりたいと思った」 「当たり前だと思っていたことが、当たり前じゃないと思いました。今、こうしていられることが幸せだと思いました」 [br num=”1″] 5月7日に米子市にある「米子市日吉津村中学校組合立 箕蚊屋中学校」で、生徒さんに向けて講演をや […]

親としての自分を否定しないで

あんなに可愛かった我が子が、私に向かって「うるせえなあ!」なんて言うんです。 保護者会の講演会で話し終わったあとに、話しかけてこられるお母さん方が多いのですが、よくそんな話を聞きます。 子どもさんが、中学生や高校生になると、多くのお母さんが通る道ですね。 「最近は、私と口もきいてくれないんです。 親としての自信がなくなります」 中には、涙ぐみながら話される方もいらっしゃいます。 お父さんだって、一 […]

人権意識はまず食卓から

何気ない日常の親子の会話も、夫婦の会話も、実はとても大切で愛おしいものであることを、あらためて思い知る瞬間があります。 大人へと成長した子どもと離れて暮らすとき 共に過ごす年月を重ねたパートナーとあらためて向かい会ったとき 悲しみや苦しみを克服したとき 平凡な日々の中で、食卓を囲んで交わすたわいもない会話こそ、何ものにも代えがたい大切なものだと心から感じます。 そんな尊い時間に、他人の個性や自分た […]