脱サラ独立|プロフィール

迷い

32年間鳥取中部の消防局で消防士として勤務しました。
消防業務は、命の危険と隣り合わせの仕事で、役職とは別に階級があり、規律に厳しい職場でした。

達成感を味わう瞬間もあれば、他の職業とは異なる緊張感があり、息を飲むほど壮絶な事故現場で活動することもしばしばありました。

不景気な時代でも、地方公務員なので安定した職業ではあり、やり甲斐もある仕事でしたが、数多くの現場に出動するうちに、

心の病気の予防がいかに大切なことなのか
心の元気を保つことの重要性
生きているとつらいことだってあるけど、ちゃんと目の前に幸せがある

そんなメッセージを、歌と話で多くの人に届けたいという思いが強くなってきました。

しかし、講演を本業にして食べて行けるだろうかと考えると、不安の方が大きく、脱サラの一歩を踏み出すことができませんでした。
迷い、悩み、大阪や東京にセミナーを受けに行き、独立のための準備をはじめたものの、決断するきっかけがつかめずにいました。

先輩の死

そんな中、同じ署に勤務する先輩が病気になりました。

普通の職場と違って24時間勤務なので、文字通り寝食を共にする仲間です。
先輩は、春が来れば定年となり、その後は自分の好きなことをやるんだと楽しそうに話していました。

そんな先輩が、定年を迎える数ヶ月前にがんが発見され、短期間でみるみる痩せてしまいました。

結局、定年を迎えたのは病院のベッドの中で、その数ヶ月後には他界してしまいました。

仕事柄、たくさんの人の死に接して来ましたが、身近な人が、そんなにあっけなくこの世からいなくなってしまうという事実に、出動現場で受けるショックとは別種の大きなショックを受けました。
今までありきたりだと思ってきた「一度しかない人生」という言葉を、真剣に考えました。

いつまでも明日があると思い、先延ばしにしてきた自分の「夢」に今向かわねば、絶対に一生後悔する、そう思いました。
そして、ついに思い切って「早期退職願」を提出しました。

あれからあっという間に何年もの月日が流れていきました。
たくさんの人たちに歌と話を聞いていただきました。

これから出会う人々の心を元気にするために全力を尽くそう、その思いは今もずっと変わりはありません。

活動別のプロフィール