心の元気講演家 石川達之ホームページ

人権・心の健康・子育て講演会、安全大会などで歌入りの講演を全国にお届けしています。

「家族愛」の記事一覧

ありきたりな言葉だけど

この夏も、講演会でたくさんの方に出会いました。 猛暑の日が続き、壇上の私も汗だくになって話し、歌いますが、参加された方々も、空調が暑さを和らげるまでの時間、汗だくで聞いていらっしゃいます。 最後まで汗だくなのは私だけで、 […]

もっとわかってあげればよかった

2月28日に神戸市長田区で「笑って泣いて心の健康」という演題で講演講師を務めました。 1月17日に会場の下見と打ち合わせのために、担当の方とお会いしました。 会場となる長田区役所の大会議室前の広いスペースに、記帳台が置か […]

いつか思い出になる瞬間

以前、「今この瞬間が、いつか思い出になる時が来るんだろうなあ」と、まるで時間が止まって、自分がどこか懐かしい場所にいるような、鼻の奥がツンとするような切ない気持ちになることが何度となくありました。 悪さばかりをしていた小 […]

大切な人を失ったとき

大切な人との別れは、いつか誰もが経験することです。 自分だけじゃないんだ、とはわかっていても、気持ちはなかなか整理できるものではありませんよね。 私も、家族や友人を亡くしたとき、悲しくて、一人になって涙を流していたことが […]

なんでもない朝のあいさつが幸せの素

家族と朝のあいさつしていますか? 「おはよう!」 そのひとことで、なんかいい一日になりそうな気持がしませんか? なんか、小学生時代に先生に言われたような気もしますが(笑) 企業での講演会で、男性社員さんに「朝、家族とあい […]

心を救ってくれる家族

JR福知山線の脱線事故、阪神・淡路大震災、地下鉄サリン事件、東日本大震災など、大災害、大事故があるたびに、消防庁から「消防職員惨事ストレス対策」についての取組み指導がなされてきました。 時間が経過しても悲惨な光景が突然よ […]

家族の歴史

私には、すでに成人した息子が二人います。 これは十年も前のことになりますが、高校を卒業すると、二人とも都会に出て行きました。 親としては息子たちの顔が見られなくなったことがさみしくてしかたなかったのですが、青春真っただ中 […]

幸せが見えなくなる

救急隊として自損行為の現場に出動して、一番胸が痛むのは、動転し、泣き叫ぶ家族の姿を目にすることでした。 衝撃を受け、その人の体ではとても支え切れるはずもないほどの巨岩のような悲しみに押しつぶされそうになっている姿を見ると […]

心が苦しい時には家族と

大災害に対応した警察官、消防士、自衛官は、一年後に退職する人が多い、といいます。 私が消防士だったころ、すでに総務省消防庁から惨事ストレス対策についての文書が送られてきました。 その対策の中のひとつに、「家族や友人を大切 […]