心の元気講演家 石川達之ホームページ

人権・心の健康・子育て講演会、安全大会などで歌入りの講演を全国にお届けしています。

「消防」の記事一覧

先輩の死が教えてくれたこと

「いつ消防士を辞めようと思いましたか?」と、あるラジオ番組で問われたとき、指を折って年数を数えると、決意してから実際に辞めるまでに4年が経過していました。 その頃、私生活では、家族の病気に悩みながらも、勤務のかたわらライ […]

自分を認める作業

消防局を早期退職して歌入りの講演を主な仕事にするようになって、二年半が過ぎました。 講演に自作の歌が入るという変わったスタイルのため 「どんな時に歌を作るんですか?」 という質問をよく受けます。 車の運転中だったり、自室 […]

「笑い」で救われた日々

思えば、私が32年間勤めた消防というところは、ストレスの多い職場でした。 まぁ、考えてみれば、火災・救急・救助・災害現場に行くのが仕事ですから、ストレスはあって当然です。 基本マイナスな状況にしか行かないわけですから。 […]

焼死体

消防局在籍中、火災原因調査も担当していた時期が長くありました。 ちょっとエゲツナイ話もありますので、苦手な方はスルーして下さいm(__)m 焼死者がいた場合、警察さんと一緒に写真を撮影したり、倒れていた位置を計測して図面 […]

人はさびしさに弱い

前職のとき、高齢者家庭の防火診断に行ってました。 高齢者の定義が、65歳以上の年齢の人なので、今どき65歳なんて元気で、まだ仕事をしていたり、ゲートボールに忙しかったりで、訪問してもほとんどが不在でした。 たまにいても、 […]

ああ、不撓不屈の方言修行時代

前にも書きましたが、4年間の東京生活でも方言から離れられない僕でした。 当時は、自分ではそんなに訛っていないと思ってましたし、まだ自分の方言度なんて甘いものだと知らなかったのです。 32年前、消防に入って先輩たちのディー […]
消防署社会科見学

しゃべることはみんな消防で教わった

早期退職したとはいえ、32年間勤めた消防生活はとても長いものでした。 その長い消防生活は、人前でしゃべる機会がとても多い仕事でもありました。 保育園、学校、公民館、企業、病院、介護施設などいろんな場所に行って、避難訓練の […]

当たり前が奇跡

署に配属された当初、先輩が聞きました。 「以前、配属されて最初の救急出動で、血を見てショックを受けてすぐに辞めた者がいたが、君らは大丈夫か?」 血を見て、と言ったって、救急事故現場に居合わせたこともないし、すごい出血なん […]

トークライブ「消防に人生を見た」

昨日のトークライブ「消防に人生を見た」、無事終了いたしました。 暑い日でした。 その暑い中、予想よりたくさんの方にお越しいただきまして、ありがとうございました。 準備から片付けまで手伝ってもらったいつもの仲間には大感謝で […]