うつ・自殺予防講演会トップ画像

救急隊員として、数多くの自損行為の現場に出動しました。

搬送件数は年々減少傾向にあるとはいうものの、実際に現場に出動する救急隊員としての実感は、

「こんなに自殺しようとする人は多いのだ」

というものでした。

消防士として活動してきた32年間のあいだに、友人や親族の自殺という衝撃的な出来事にも遭遇しました。
同じ現場を体験しても、おそらくは他の隊員とは胸への突き刺さり方がずいぶん違ったのではないかと思います。
常に、「他人ごとではない!」という思いで対応してきました。
自殺現場で遺体にとりすがって泣き叫ぶ家族の姿が、かつての私達家族の姿と重なり、息苦しさを覚えながらの現場対応でした。

知人に言われたたったひと言で「死」を選らんでしまった人もいれば、友人のひと言で思いとどまった人もいます。

成人の4人に1人は「本気で自殺したいと考えたことがある」という日本財団の調査結果がありますが、SNSに自殺願望を投稿する中高校生も多く、事件に巻き込まれるケースも少なくありません。

中学生・高校生対象の講演会では、自損行為現場で命を落とさずにすんだことを、後日本人から感謝された事例や、無理心中をしようとして命拾いをして喜びあう夫婦の姿など、実際に私自身が現場で見てきたことを伝えています。

自殺に楽な死に方もなければ、きれいな死に方もない

多感な年頃の生徒たちは、食い入るように真剣に聞いてくれます。

生きることの尊さ、生きていることのありがたさを実感してもらう、そんな講演会になるように全力でお伝えいたします。
 

演題例 「生と死の交差点で
     ~消防で学んだストレス社会を生き抜く方法〜」
「心に寄り添うために ~歌で伝える家族の思い〜」

参加された方の感想

 

「自殺や命のことを題材に講演するには勇気がいると思います。笑い飛ばせるような話にできないし、暗い話にもできないし、それでも歌を交えて一生懸命、命の尊さ、言葉の大切さを話して頂けてよかったと思います。ありがとうございました」

「悲惨な現場を知っている元消防士さんだからこその言葉のパワーがあり、命の重みを感じました。素敵な歌にも感動しました。私も『ありがとう』を伝えたくなりました」

「とっても内容がいろいろな方面からの考え心の持ち方など勉強になりました。親子の間、孫との間関係など、今からでも思いを話したいと思いました」
 

講演実績

 
能美市自殺防止対策講演会(石川県)
いのちをつなぐ総合相談会(福井県)
「眠れてますかキャンペーン」(鳥取県)
1市4町共同講演会「眠れてますか?睡眠キャンペーン」(鳥取県)

※「人権講演会」でも自殺予防について、「心の健康講演会」でもうつ予防についてお話しています。