人権講演「命の重さと輝き」

2015年9月13日は鳥取市のさざんか会館で平成26年度鳥取市人権教育協議会社会教育部会全体研修会で講演をさせていただきました。

「命の重さと輝き」という演題で1時間半やりました。
参加者は鳥取市の企業、宗教団体、公民館職員、市役所職員、学校職員などの人権担当者の皆さんでした。

幅広い年齢層の200人以上の方が参加されましたが、年配の男性が圧倒的に多いようでした。
重い話をする前には軽く入りたい、ということで県内の講演ではいつもやるように方言ギャグソングを話の間にはさみました。
後半は、私が経験した救急、救助出動した現場の話をしました。

悲惨な事故現場で絶命する人の、目にする者の心臓をギュッとわしづかみされたような胸苦しさを覚える光景について、話ました。
大怪我をして意識を消失してもなお、あえぎながら必死に呼吸を続けようとする姿は、人間が生きようとするただそのすごい力に圧倒されます。
応急処置をほどこしながら救急隊員は、「助かってくれ」「呼吸を続けてくれ」「生き続けてくれ」と、祈るような気持ちで搬送します。
この「生きようとする力」の荘厳さの前に、生まれた土地や国など、肌の色の違いや障がいの有無、いかなる差別的意識も介在する余地はありません。
それどころか、人の命の崇高さに、理屈を超えた強さで打たれる思いをします。

痛ましい状況を、どこまでお話していいのか、毎回悩むところでもあります。
同じ話を聞いても感じ方は、人それぞれです。
もしかしたら強い不快感を覚える人もいるのではないか、という心配もあるので、つとめて具体的な描写はしないようにしていますが、まったく話さないわけにもいきません。
ただ、その姿を目にした時の自分自身の心理については詳しく話します。

控えめにお話したつもりでも、あまり空気が重くならないように、空気を入れ替えるような気持ちで歌を歌います。

この日も、ラストに「梨のうた」を歌いました。
終わるとすぐに何人かの方が「CDにサインを」と来られました。

ありがたいことに数人の方が、「うちでも講演をやっていただけませんか」と話に来られました。

「人権」というテーマでは、捉え方も千差万別で、私のようにギャグソングをはさんで進めるやり方には賛否両論あることは、自分でも承知していますが、はじめから終わりまですべてを重たい雰囲気にはしたくないので、今のスタイルを変える気はありません。

アンケートが送られて来るたびに、ある種覚悟を決めて読み進めます。

「重たいはずのエピソードを聞いたのに、講演の最後にはとても温かい気持ちになっていました」
「涙を流し、優しい気持ちになれました」

そんな感想が多いので、そのたびに安堵の溜息をつきます。

毎回、毎回、新たな気づきがあります。
もっともっとたくさんの人に聞いてもらえるように、精進して行きたいと思った日でした。

鳥取市の人権担当のみなさんには心のこもったおもてなしをしていただきました。
長時間にわたる準備、進行、片づけと、たいへんお世話になりました。

あわせて読みたい

2015年9月13日に、鳥取市のさざんか会館を会場に、平成26年度鳥取市人権教育協議会の社会教育部会全体研修会の講師をつとめさせていただきました。 鳥取市のいろんな職場や地域で人権教育にたずさわっておられる方々が、会場には100人以上[…]