CATEGORY

イベント

中部地震復興祈念・ゆりはま歌の力コンサートで歌う

2016年(平成28年)10月21日14時7分、鳥取県で地震が発生しました。 震源地は鳥取県中部で「鳥取中部地震」と呼ばれています。 その時、私は鳥取県米子市内での講演を終え帰宅する途中で、車で山陰自動車道の淀江に近づいた辺りを進行していました。 なんだか車が揺れるんだけど、もしかして風が強いのかなあ、なんて思ってたらハンドルを取られるようになったんで速度を落としました。 直後に、携帯から緊急放送 […]

日経新聞「サラリーマンプラザ」欄で紹介されました。

方言ソングでCDデビュー 元気出る旋律、夢の大舞台に 日経新聞の「サラリーマンプラザ」で紹介していただきました。 鳥取県東伯町の東伯消防署に勤める石川達之さん(45)は県中部の方言ソングを地元のライブハウスで演奏し、昨年CDデビューした。 十代からギターを弾いて曲作りをしていたが、若いころは人前で歌ったことはほとんどなかった。 7、8年前に自作曲がたまってきたので「人に聴いてもらいたい」と一念発起 […]

朝日新聞で紹介されました「微妙な温かさを伝える」

2002年3月18日の朝日新聞の人物紹介コーナーで紹介していただきました。 微妙な温かさ伝える 倉吉弁CD人気   こてこての倉吉弁のお笑いソングが収集された自主制作CD「こばしま」が局地的にヒットしています。倉吉駅前のレコード店では昨夏からの累計で千枚を超え、宇多田ヒカルや浜崎あゆみを上回る売れ行きだそうですね。 「こばし」は、倉吉弁でおやつのこと。 「売れ残ったら親類にでも配ろう」と軽い気持ち […]

生と死の交差点で学んだ「伝えること」の大切さ

ショッキングな光景を目の当たりにして、 今、この瞬間を生きていることがどんなにありがたいことか! そう心から感じたとしても、平凡な時間の流れの中で、いつしかその思いも色あせていきます。 もうずいぶん昔に、前職の消防士時代に救急出動したある交通事故現場での光景も、いつしか忘れていました。 朝の通勤時間帯に、当時、新しくできたばかりのバイパス道路での普通乗用車の単独事故でした。 意識のない若い女性を、 […]

防災フェアで語り、歌いました

地震体験をするための起震車という車があります。 各消防機関なり自治体なりが持っていますが、鳥取県では県が所有し、鳥取県中部ふるさと広域連合消防局が管理しています。 訓練指導の要望があれば、保育園から小・中・高等学校、企業から福祉施設、公民館と、さまざまな場所に出かけて体験していただいてます。 ただ、どうしても「面白い動きをする車」という、アトラクション的に楽しまれる人が多いのが現実です。 大きな地 […]

女性のためのコミュニケーション術

今回で3年目となります「会話力アップセミナー」が、9月の5日(土)、12日(土)の連続2回で開催されます。 今回もメインの谷本恵美さんとのコラボです。 鳥取県男女共同参画センターよりん彩共催です。 今までは「会話力」「コミュニケーション力」のアップだったんですが、今回は特に、起業家、また起業を計画中の方、起業に関心がある女性の方が対象です。 谷本さんは、女性起業家としての経験も長いので、実体験にも […]

超久しぶりのライブ開催のお知らせ

今年初のライブをやります。 場所は鳥取県米子市淀江町の「カラオケスタジオ夢」です。 私のライブ音源を聞かれた「夢」さんが主催されます。 先月、ある方の紹介で私の存在を知るまで、まるでご存じなかったそうです。 それもそうでしょうね。最近は講演ばかりでメディアに露出することもありませんからね。 で、お店で私のライブ音源の入ったCDを聞かれ、「生で聞いてみたい!」と思われたそうです。 とてもありがたいお […]

冬の花火の前にライブ(燕趙園にて)

2014年12月23日の夜は、中国庭園「燕趙園」で庭園冬花火がありました。 そして、花火の前は私の1時間のワンマンライブでした。 「この寒いのに!?」 と、おっしゃる方もいましたが・・・ 勿論、屋内です(笑)  ↑ あったかい牛骨ラーメンやら水餃子やら、実においしそうに・・・ イベントホールでぬっくぬくの中でやりました。 今回は、せっかく燕趙園でやらせていただくのだからと、 13年前にリリースした […]