今までいろんな場所で、言葉の持つ力についてお話してきました。
言葉の持つマイナスな力の凄さ、と
言葉の持つプラスの力の強さ、について。

単純な言葉の短い連なりが、とても鋭い刃となって人の心に突き刺さり、命を捨てる決意をさせた自損行為の現場に出動したことがありました。

「やっと元気になりかけていたのに、あの人が、あんな言葉をかけたせいでこんなことに」

そう泣きながら語る家族の言葉に、こちらの心もギューっと締めつけられました。

そして、その真逆なケースの話もたくさん聞きました。

講演が終わった後に、参加された方が話しかけてこられる中に、そんな話を聞くこともありました。

「私は、あのひと言に救われました」

講演会が終わった後に、アンケートや感想を取りまとめたものを、主催者さんが送ったくださることがあります。
そんな中に、自身のプライベートな体験を書かれる方も少なくありません。
それを読みながら、そんなたいへんな体験を乗り越えられたんだなあ、と感動します。

8月5日の日曜日、島根県松江市の福原会館で「みんなで学ぶ人権事業」の講演でした。

「蛍の会」という地域の団体が主催でした。

高校生から年配の方まで参加され、会場は満席でした。

そのアンケートのとりまとめを送っていただきました。

その中に、

「病気の家族に身も心も傷つけられたけど、『生まれて来てくれてありがとう』という言葉を言われて、がんばることができました」

という内容が、具体的なエピソードとともに書かれていました。

ほかにもたくさんの方からの感想をいただきました。

皆さん、いろんな体験をされて生きてこられ、言葉で傷つけられたり救われたりして来たことが伝わってきました。

日常生活の中で、ときに気持ちが行き違い、親しい大切な人と、気持ちがぶつかることもあります。

そんなときも、たったひと言、自分の感情を伝えたり、相手に対する思いを、簡単な言葉にするだけで、救われることも多くあります。

心がふさいでいるとき

こころが重いとき
心がねじれてねじれてどうしようもないとき
本当は大切に思っているのに思わず心無い言葉を発してしまったとき
自分を責めて責めて苦しいとき

そんなとき、たったひと言、「大切だよ」という思いを言葉にするだけで、ずいぶん楽になることがあります。

「ごめんね」でも

「ありがとう」でも
「好きだよ」でも
「本当は大切に思っているよ」でも

言葉にして伝えると、気持ちが軽くなります。

どんなに小さな言葉でも、自分の心や相手の心を知ろうとする思いから生まれた言葉には、とても価値があります。
言葉にして伝えてみましょう。

感想のごく一部を「参加者の声」のページに掲載しました。