感謝の源 お寺で講演

コロナ禍のこんな時期だからこそ、今まで以上に「感謝」の思いを持つことが大事になります。

不安や悩みで、心の余裕がなくなると、どうしても「感謝」の思いも薄らぎます。
「感謝」の思いが薄らぐと、自尊感情も低下します。
親しい人の顔を見て、話せることの幸せをあらためて思い知る日々ですね。

昨年(2020年)の12月18日(土)に、鳥取市鹿野町の浄土真宗のお寺「光輪寺」さんの仏壮・仏婦・若夫合同研修会の講師としてお招きいただきました。

久しぶりのお寺での講演ということで、とても楽しみにして早めに入らせていただきました。
前日に雪が降り、心配していたほどの積雪にならなくてホッとしました。

お経をお借りして「おつとめ」にも参加させていただきました。
お寺さんでの講演は、講師としてもとても穏やかな気持ちで歌い、話せるので、そこも楽しみなんです。

この日のテーマは「感謝」です。
感謝といえば仏様ですから、檀家の皆さんも日頃から感謝の多い生活を送っておられることだと思います。
これこそ「釈迦に説法」ではありますが、コロナ禍でストレスを感じる日々を送っておられるので、私の話と歌で、いつもとは違う角度から「感謝」について考えていただく時間にしたいと思っていました。

広い本堂で、アンコールも含めて約1時間半やらせていただきました。
開始時間より数時間前から大型ストーブが点火されていましたが、この日の気温はかなり低く、本堂は少し寒かったようです。それでも、予想以上に盛り上がっていただけたようで、安堵の思いで、終了後は参加された皆さんとともにご住職様からお茶をいただき、身も心もあったかくなりました。

参加された皆さんと一体になれた充実感で満たされながら帰途につきました。

つい先日、その会の役をされた方から、参加された方の感想をとりまとめたものをメールでいただきました。

・元気が出る講演でした。
・内容が良かった。
・「ありがとう」の気持ちを大切に生きていこうと思います。
・方言がすごく上手くてよく分った。
・父母、娘に感謝してもらえる親になりたい。
・良く笑った。
・免疫力がアップした。
・実話に基づいた話で、あっという間の時間だった。
・もっと多くの人が聞いた方が良い。
・方言が暖かいです。

アンケート内の「今後の研修会についての要望」欄には、
「石川達之さんの講演を希望」
と書かれた方もいらっしゃったとのことでした。
講師としては一番嬉しい言葉でした。

まだまだ先の読めないこの新型コロナウイルスの感染状況ですが、希望を失うことなく、前に向かって進む気持ちをさらに強くしていただきました。

ご住職様、役員の皆様、参加された皆様、本当にありがとうございました。

項 目 内 容
講演会タイトル 光輪寺 仏壮・仏婦・若夫合同研修会
日 時 2021/12/18(土)13:30~15:30
演 題 「ありがとうの言葉で幸せに生きる」
場 所 鳥取県鳥取市鹿野町 光輪寺本堂