500人の中学生を前に、私が両親に「ありがとう」を伝えたエピソードを話しました。

全員が、講演の最後まで真剣に聴いてくれました。

松江第2中学校講演風景

2019年2月2日に、島根県松江市の松江市立第2中学校での人権講演会でした。

授業参観後の講演で、生徒たちの後ろには保護者さんと先生方が一緒に聞かれました。

救急、災害現場で私が体験した、人が生きようとする力のすごさについて話し、なんでもない毎日が、本当は尊い時間なんだよということを歌をまじえて伝えました。

思えば、私自身が中学生の頃は、自分のことばかり考えていて、親の思いについて考えたことがありまりませんでした。

何かしてもらっても、それが当たり前だと思っていました。

月日が流れ、自分が親になっていろんな体験を重ねていき、やっと親の思いについて考えるようになりました。

大人になれば、もう悩んだり苦しんだりすることはなくなるのだと思っていました。

まさか子どものことで心配したり、悩んだり、苦しんだりするなんて想像もできませんでした。

親も、いろんな思いをしているんだよ。

切ないほど君たちを愛して、大切に思っているんだよ。

そんなことを、生徒のみんなの両親にかわって伝えました。

松江第2中学校講演風景2

「生んでくれてありがとう」

「育ててくれてありがとう」

思春期だとよけいに照れくさくて、素直に言葉にできません。

それでも、その恥ずかしさを乗り越えて、伝えて欲しい。

直接伝えるのが無理だったら、メールでも手紙でもいいから、

今はできなくて、それが数年先でもいいから、

いつかきっと伝えて欲しい。

そんなことを、小学生、中学生、高校生に伝えてきました。

講演をした数日後に書かれた感想文を送っていただくことがあります。

その感想文の中には、

「恥ずかしかったけど、伝えてよかったです」

「今はまだできませんが、きっといつか伝えます」

そんな言葉があります。

松江第2中学校のみんなも、あの日帰ってから伝えた人、

伝えようと思いながらも、親の顔を見たら言い出せなかった人

もう少し大人になってから伝えようと思った人

そんな思いを持ってくれたら、とてもうれしいなあ、と講演準備からお世話になった先生から送っていただいた画像を見ながら思いました。

講演が終わったあと、保護者会役員さんや先生方からは、「泣くのを我慢するのがたいへんだった」というお言葉をいただきました。

ステージから見ていると、生徒さんは泣いてはいませんでしたが、その後ろの保護者席では、ハンカチで涙を拭かれている方々がいました。

心が動いてこその講演だと思っているので、それは素直に嬉しくて、講演にも力が入りました。

松江第2中学校講演風景3

今年もたくさんの人に、命の大切さや、日常のありがたさ、心の病気の予防などを伝えていこうと、あらためて思った一日でした。

先生方に渡り廊下に運んでいただいた音響機材とギターを、そのまま忘れて車を出ししまいご心配をおかけしましたが、またいつかお会いしたいと思います。

皆さん、ありがとうございました。