CATEGORY

防災

線状降水帯に慌てて準備する

2021年7月8日、線状降水帯が私の住んでいる鳥取県を直撃しました。 「もしかしたら我が家も浸水してしまうかも」 と心配していろいろと準備したことをお話しようと思います。 私は元消防士で防災士でもありますが、やるべきことを抜かしているところもあるかもしれませんが、少しでも参考にしていただけるところがあれば嬉しいです。 前日のテレビニュースで、線状降水帯が私の住んでいる鳥取県を狙って進んでいることを […]

事業所で火災にあったら【火災から命を守る避難】

令和元年7月にあった京都アニメーションの放火殺人事件の衝撃は、今もなお記憶は鮮明です。 あの事件で、放火の怖さ、油脂火災の怖さというものを改めて知らされました。 また、「勤務する事業所での火災時の避難についても深く考えさせられた」という方も多いと思います。 京都市消防局が、令和2年7月というちょうどあの放火殺人事件のいち年後に、「火災から命を守る避難」という動画をYouTubeに上げられました。ホ […]

人はみな「自分は死なない」と思っている(支え合いマップに教わる)

台風が来襲したとき 地震の揺れを体感したとき 多くの人が実際に危険を感じるのは、そんなときではないでしょうか。 それ以外では、テレビニュースで災害のニュースを目にしたとき、あるいは自治体が配布したハザードマップを手にしたときなどに、避難場所や防災グッズのことを考える方もいらっしゃるでしょう。 しかし、避難場所への経路を確認したり、生活圏の危険箇所を意識することも、ふだんはなかなかないのが実情ではな […]

コロナ禍中での避難について調べてみた

先日、コロナ禍中での避難についてのニュースを見ました。 私自身は、今まで一度も、町が指定している避難所に避難したことがありません。 2016年に鳥取県中部地震を体験しましたが、昼間に起きた地震で、私は仕事で出かけていました。 とはいっても、災害に対して無関心でいるわけにはいきません。 一応、元消防士で現職の頃には、土砂崩れの現場に救助出動したり、非番の日にボランティアで復旧作業を手伝ったこともあり […]

おうちごはんが多くなると気をつけたい着衣着火の危険

新型コロナウイルス対策で外食回数がガクッと減って、全国的に自宅での食事が増えてますね。 外食しないとなると、おうちごはんとなるわけですが、どうしても冷凍食品やカップ麺的な食品が多くなりますね。 最近はずいぶんおいしいものが多くなったとはいうものの、毎食はきついので夕食くらいは手料理にするか、なんて家庭もあるんじゃないでしょうか。 自宅で調理する機会が多くなると気をつけたいのが、着衣着火による火災で […]

生き残るためには整理収納が必要と元消防士は考える

あなたは片付けが得意ですか? どちらかというと、片付けが苦手だという人の方が多いのではないでしょうか。 私も、得意とは決して言えませんが、部屋の中がある程度散らかると片付けますね。 片付け始めると、今度はいろんな場所が気になって、整理収納どんどんやるぞモードになります。 本人が片付けが苦手といっても、他人から見ると、「フツーに片付いてるじゃない」なんてレベルが一般的ではないかと思います。 問題なの […]