TAG

言葉の力

人と自分を大切にすること

人は、「大切」だとわかっていても、できないことがたくさんあります。 「健康」というものがどれだけ大切なものであるか、病気をしたときにはあんなに痛切に思い知ったのに、癒えてしまうと、その思いが薄らいでしまう。 遠く離れて暮らしていると、その存在のありがたさを、さびしさとともに噛みしめても、一緒に過ごす時間が長くなればなるほど、感謝の思いを忘れてしまう。 人は、経験した痛みやさびしさを、「大切さ」を思 […]

今ある命を大切に一生懸命生きます!

「お父さんやお母さんに、勇気を出して感謝の言葉を伝えようと思いました」 「両親にもっと、『産んでよかった』と思われるような子になりたいと思った」 「当たり前だと思っていたことが、当たり前じゃないと思いました。今、こうしていられることが幸せだと思いました」 5月7日に米子市にある米子市日吉津村中学校組合立 箕蚊屋中学校で、生徒さんに向けて講演をやりました。 私の中学時代は、体育館などに集合すると、と […]

人権意識はまず食卓から

何気ない日常の親子の会話も、夫婦の会話も、実はとても大切で愛おしいものであることを、あらためて思い知る瞬間があります。 大人へと成長した子どもと離れて暮らすとき 共に過ごす年月を重ねたパートナーとあらためて向かい会ったとき 悲しみや苦しみを克服したとき 平凡な日々の中で、食卓を囲んで交わすたわいもない会話こそ、何ものにも代えがたい大切なものだと心から感じます。 そんな尊い時間に、他人の個性や自分た […]

心を支える言葉の力(自殺防止対策強化月間講演会)

メンタルヘルスというと、聴き方、話し方についての講習・研修が多いと思います。 心無い言葉で心を傷つけられて、生きる力を失いそうになることもあれば、たったひと言が弱った心を支えてくれることもあります。 2018年3月21日の春分の日は、石川県能美市に自殺防止対策強化月間講演会の講師として呼んでいただきました。 今回は演題の「救急現場で学んだいのちの重さ」に「心を支える言葉の力」というサブタイトルをつ […]

つながることで心を元気に、そして企業活力に

「地震があったり、経済的にもちょっと元気がないところがあるんで、石川さんのお話と歌で元気にしていただけないでしょうか」 というお電話をいただき、2018年1月19日に、中学の修学旅行で阿蘇山に行って以来、実に数十年ぶりに熊本県に行きました。 翌20日には、熊本市のホテルで熊本市商工会女性部連絡協議会合同講演会の講師を務めさせていただきました。 実は、熊本が大きな地震に襲われた半年後に、私の住む鳥取 […]

初めての日南町で人権講演会をやりました。

鳥取県内では、ほとんどの市町村(平成の市町村合併前の単位も含め)で講演をやらせていただきました。 残りは日南町だけとなっていました。 いつかは講演をやりたいと、ずっと前から思っていました。 10月3日に、2017年度 第7回ふれあい人権講座で念願叶い、ご依頼いただきました。 日南町人権センターさんの主催で、 「消防現場が教えてくれた命の輝き」という演題で、約90分話しました。 いくつかの救急現場の […]

人権意識は家庭から

2017年7月9日(日)は、鳥取市福部町で人権啓発推進集会がありました。 90分間の講演の中で、一番お話したかったのは、 「人権意識は家庭から」 ということでした。 「人権」については社会制度や歴史など、いろいろと勉強すべきことはたくさんありますが、私は「心」という視点で語らせていただきました。 他人の「違い」や「個性」が認められらに原因のひとつに、「心」の問題があります。 自分自身を認めれないか […]

「言葉」は心を伝えるためにある

人権講演を毎年いろんな場所でやらせていただいています。 大きなホールのときもあれば、公民館で少人数のときもあります。 大きなホールで大勢の参加者さんの、どよめくような笑い声が響くのも嬉しいのですが、小さな会場でひとりひとりのお顔を見ながらやれるのも、また楽しいです。 人権講演会も、いろんな角度から人権というものを語る、多種多様なものがあります。 現代の社会制度だったり、差別の歴史だったりと、講師に […]