泣いたっていい

以前、テレビニュースで「涙活(るいかつ)」の話題を取り上げていました。

初めて耳にする言葉でした。

心のデトックスのために泣ける歌や話を聞くという「泣く活動」イベントの紹介でした。

参加者は若い女性が多く、ほとんどの人がハンカチで顔を覆い、泣くために来ているのですから当然ですが、人目をはばからず泣いていました。


最近は「笑って健康」というテーマの講演依頼を多くいただくようになった私ですが、後日いただいたアンケートを拝見すると、多くの方が「何度も涙が流れました」ということを書かれています。

爆笑していた人が、後半はハンカチを手に泣いておられる様子が、ステージから客席を見てもよく分かります。

子供の頃、「吉本新喜劇」が大好きだった私は、自身のライブや講演も「笑い」「涙」の両面備えることを理想としてきたので、会場がそういうムードになると達成感を覚えます。



「笑い」が健康のためにいかにいいかということは、ご存じの方も多いと思います。

一方で、「泣く」ことは「笑い」以上に心の健康にいいのだという学説もあるようです。



一般的に、日本人は欧米人に比べ、感情を表に出すことをよしとしない国民性だと言われています。

特に男性は、悲しい出来事があっても、ぐっと涙をこらえるべきだと考える人が圧倒的多数だと思います。

私自身も、「さすがに心の進退窮まった」という時期がありましたが、泣くことなど思いもよりませんでした。

何年も経過してから、

「ああ、あの時、自分は誰かに胸の内を聞いてもらいたかったんだなあ」

「本当は泣きたかったんだなあ」

と気づきました。



その後に作った歌で「泣いたっていい」という曲があります。

かっこ悪くったっていい

顔をぐしゃぐしゃにして

ハナミズ流したっていい

少しくらい声が出たっていいと思うよ

泣きたいときには泣こうよ



何年も何年も泣くことなんて忘れてたんだろう

だから何年分もまとめて泣いたらいいさ

悲しいときには泣こうよ



その歌を聞かれた産業カウンセラー協会の方が、「まさしく、これからの時代に必要なこと」と言って下さいました。



発達心理学者のポール・バルテスは「理想の人生とは、悲しみや苦しみを味わい、それを乗り越えた人生」だと言っています。

胸を痛める出来事に出くわしても、心を壊すことなく困難を乗り越えるためには、「涙」は必要なものなのかもしれません。

chouryu7

(日本海新聞「潮流」2014年7月10日掲載)

サブコンテンツ

ページトップへ