TAG

幸福感

人生100年時代を元気に過ごすために心身の健康を大切に

日本の高齢化は、世界で一番。 100歳以上の年齢の方が、なんと約7万人いらしゃるそうです。 今まで人類が経験したことのない高齢化社会を、私達は生きていくことになります。 そんな長寿社会のまっただ中で生きているはずの私の周囲の人たちは、飲むとよくこんなことを言います。 「俺は長生きなんてしようと思わない。太く短く生きたい」 同じようなことを言う人は、たくさんいます。 私が消防士時代、たくさんの病人や […]

「幸せな人」になる条件

あなたは自分自身が「幸せな人」だと思っていますか? 中には「ずっと不幸だ」と思う人や 「幸薄い人生」だと思う人もいるかもしれません。 多くの人は、 「そんなに不幸ではないけれど、なんとなく不安がある」 そんなふうに感じているんじゃないでしょうか。     心理学者のアブラハム・マズローの有名な言葉に 過去について後悔することもできるし、 未来について心配することもできる。 しかし、我々が行動できる […]

「ありがとう」のその先も大切

「あなたの話を聞いて、勇気を出して『ありがとう』を伝えました」 そんなメールや手紙をいただく機会があります。 学校関係では、講演の終わった後に生徒さんが書いた感想文を、後日送ってくださるところが少なくありません。 私の話したエピソードがきっかけで、何人もの生徒さんが実行に移してくれたことを、感想文を通して知ることになります。   「ありがとう」と言葉にするには勇気がいる場合があります。 照れくさく […]

「理想の幸福感」と「現在の幸福感」の大きな差

大きな夢に注意を 夢があることは、生活を楽しくさせてくれる。 大きな夢があると、困難に立ち向かっていく勇気と努力が湧いてくる。 しかし、大きな夢や大きな理想を抱くことで、大きな不幸に心を打ち砕かれることもあります。 大きな夢を描いても、今の自分と比較しては、ため息をつき、できない自分、満たされない自分をよけいに意識する人が多いのではないかと思います。 ひどいときには、自分を否定的にしか見られなくな […]

幸福について考えること

ここ数年、雑誌、テレビの特集や書籍でよく「幸福」の文字を目にする機会が増えました。 心理学、経済学、脳科学などの分野で「幸福感」「幸福度」についての研究が進められ、「幸福学」なるタイトルもよく目にするようになりました。 内閣府も国民の幸福度に着目し、「幸福度指数」作成が進められています。経済問題だけではなく、個人の主観的な心のありようがいかに幸福感を左右するかが研究されています。 [br num= […]

「幸せ」はつかむものではなく、気づくもの

「幸せ」でインターネット検索すると、膨大な数のページがヒットします。 幸福になるためのグッズ販売であったり、セミナー告知であったりと、その内容は様々です。 どんどん願いが叶う、幸せな成功者に必ずなれる、今のあなたの人生が変わる。 そんなきらびやかな文言に、いささかも心乱れないほど達観できてはいない私ですが、どのページもクリックするには至りません。 なぜかと言うと、本当の幸せのありかを何度も目の前に […]

もっとわかってあげればよかった

2月28日に神戸市長田区で「笑って泣いて心の健康」という演題で講演講師を務めました。 1月17日に会場の下見と打ち合わせのために、担当の方とお会いしました。 会場となる長田区役所の大会議室前の広いスペースに、記帳台が置かれていました。 たまたまその日は阪神淡路大震災が発生した日でした。 講演当日は、私よりもはるかに凄まじい体験をされた方々がたくさん来場されるのだろうと予想しました。 [br num […]

感謝を伝えるひと言が安全につながる

昨年、建設会社さんの安全衛生大会で何度か講演会をやらせていただきました。 その中の1社では、90分の歌入り講演をやりました。 「心の健康」がテーマなので、幸福感を高めるために、言葉で奥さんや家族に「ありがとう」や「きれいだね」を伝えてください、とお話します。 建設会社さんはほぼ9割男性なので、そこのところで笑いが起こります。 「そんなこと言えるわけないじゃん」 という感じなんでしょうか。 [br […]

家族の歴史

私には、すでに成人した息子が二人います。 これは十年も前のことになりますが、高校を卒業すると、二人とも都会に出て行きました。 親としては息子たちの顔が見られなくなったことがさみしくてしかたなかったのですが、青春真っただ中の彼らは、勿論そんなことを考えることもなく、自分たちが足を踏み入れた新しい世界に夢中だったようです。 メールを出してもまったく返信はなく、たまに電話をしてもめったに出てきませんでし […]