TAG

親子

「ありがとう」のその先も大切

「あなたの話を聞いて、勇気を出して『ありがとう』を伝えました」 そんなメールや手紙をいただく機会があります。 学校関係では、講演の終わった後に生徒さんが書いた感想文を、後日送ってくださるところが少なくありません。 私の話したエピソードがきっかけで、何人もの生徒さんが実行に移してくれたことを、感想文を通して知ることになります。   「ありがとう」と言葉にするには勇気がいる場合があります。 照れくさく […]

いつか思い出になる瞬間

以前、「今この瞬間が、いつか思い出になる時が来るんだろうなあ」と、まるで時間が止まって、自分がどこか懐かしい場所にいるような、鼻の奥がツンとするような切ない気持ちになることが何度となくありました。 悪さばかりをしていた小学生のとき、罰でよく廊下に立たされました。 ふざけて大騒ぎしながらも、いつも満たされない思いがありました。 大人になった自分を想像することなどできなかったのに、廊下の窓から見える空 […]

家族が助ける心の苦しみ

なんで急に涙が流れてくるんだろう? ふいに、わけもわからず涙を流している自分。 正体不明の悲しみが、なぜか胸の中に生まれている。 以前にも書きましたが、あまりにも悲惨な現場を見た救急隊員、救助隊員が、事故から時間経過して、すっかりショックから脱したと思い、忘れかけていたときに突然おそってくることがあります。 眠れない、イライラするという時期を経て、すっかり記憶が薄らいだはずなのに、突然鮮明な映像と […]

家族の歴史

私には、すでに成人した息子が二人います。 これは十年も前のことになりますが、高校を卒業すると、二人とも都会に出て行きました。 親としては息子たちの顔が見られなくなったことがさみしくてしかたなかったのですが、青春真っただ中の彼らは、勿論そんなことを考えることもなく、自分たちが足を踏み入れた新しい世界に夢中だったようです。 メールを出してもまったく返信はなく、たまに電話をしてもめったに出てきませんでし […]

心が苦しい時には家族と

大災害に対応した警察官、消防士、自衛官は、一年後に退職する人が多い、といいます。 私が消防士だったころ、すでに総務省消防庁から惨事ストレス対策についての文書が送られてきました。 その対策の中のひとつに、「家族や友人を大切にする」という項目があります。 特別、仕事の話をしなくても、家族や友人と一緒に過ごすことで気持ちが楽になる、とあります。 これはすごく大事なことだと思います。 「私は消防士でも自衛 […]

子どもに完璧を求めていました

小学校保護者会の講演会に参加されたお母さんのアンケートに、 「私は子供に完璧を求めていて、評価したり、決めつけたりすることが多く、逆効果で思うようになりませんでした。 子どもためと思いながらも、自分のためだったと反省しました」 子どもに期待するのは当然で、期待しなかったら子どもはどんなことになるか。 期待はしてあげないといけないし、ダメなことはダメと教えることも必要ですよね。 親だってイライラが溜 […]